Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川村壱馬&吉野北人、久々ライブに意気込み「THE RAMPAGEらしさ全開で」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マイナビニュース

LDH JAPANは今年、6年に一度の祭典「LDH PERFECT YEAR」として一年を通して多くのライブを開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、2月26日以降に開催予定だった全公演が中止に。そして、この状況下でできるライブとして、有料配信ライブ「LIVE×ONLINE」の開催を発表した。 【写真】川村壱馬&吉野北人、その他の撮り下ろしカット 第1弾として7月2日からABEMAで7夜連続配信。三代目J SOUL BROTHERS、GENERATIONSらが出演し、最終日の8日はTHE RAMPAGEが登場する。8月以降は、徹底した感染防止対策を講じた上で、ソーシャルディスタンスライブの開催も予定している。 このたび、EXILE TRIBEのメンバーが出演する『シブザイル』(ABEMA 毎週火曜20:00~21:00)にゲスト出演したTHE RAMPAGEの川村壱馬と吉野北人にインタビュー。「LIVE×ONLINE」への意気込みやソーシャルディスタンスライブへの思いを聞いた。 ――新型コロナウイルスの影響でTHE RAMPAGEさんのライブも中止になってしまいましたが、7月8日に有料配信ライブ「LIVE×ONLINE」に出演されます。意気込みをお聞かせください。 川村:無観客ライブは、コロナがひどくなる前に1回やらせていただきましたが、そのときとはまた違ったライブ構成ですし、規模もすごく大きくなっているので、楽しんでいただけると思います。規模が大きくなるとできることが増え、初めての試みもいろいろあります。いま絶賛リハーサルをしていて、みんなでかなり作り込んでいるので、本番に向けてクオリティを上げていきたいです。 吉野:久々のライブでそれぞれメンバーも燃えていて、僕たちの思いもこのライブではすごく伝わると思うので、そういうところも楽しみにしていただきたいです。ライブの内容も面白くなっていますし、THE RAMPAGEらしさ全開でガンガンに伝えていきたいと思っているので、画面越しではありますが、一緒に声を出して盛り上がっていただきたいです。 ――8月以降はソーシャルディスタンスライブの開催を検討されていますが、お客さんの前でのライブはやはり楽しみですか? 川村:世の中の状況を見ながらになってくると思うので、1日も早い収束を願うばかりですが、予定していたライブが中止になったりして、お客さんのいるライブが逆にイメージつかなくなり始めている部分もあり、それが実現できたときにはみんな爆発するだろうなって。まだあまり実感はないですが楽しみです。 吉野:どういう形になるかわからないんですが、ライブは生で見たほうがすごく感じるものがあると思いますし、僕たちもやっとお客さんの前でパフォーマンスできる喜びを一緒に分かち合いたいという思いもあるので、この状況を皆さんと一緒に乗り越えて、ライブをして、少しでも希望になれたらいいなと思っています。本当に楽しみです。 ――今回、EXILE TRIBEのみなさんが週替わりで出演する『シブザイル』にゲスト出演されましたが、お2人が感じているLDHの魅力を教えてください。 川村:すごく継承されているものがあり、LDHというところにみんな賛同していて、先輩方から受け継いで僕たちもあると思っています。HIROさんを筆頭に信念・理念が素晴らしく、先輩方も素敵な方ばかりで、そこにいられるというのが本当にありがたいなと思っています。 吉野:パフォーマンスをする上で、人のために、世のためにというところは、志として一緒で、先輩方が築き上げてきたストーリーに僕たちもすごく影響を受けてきました。HIROさんから流れてくるDNAを受け継いでいるところは、すごくLDHの強みだなと思います。 ――『シブザイル』は、EXILE TRIBEのみなさんの素顔が見られる番組です。吉野さんは以前にもご出演されていましたが、番組の魅力をどのように感じていますか? 吉野:チームを飛び越えて、LDH、EXILE TRIBEの中でこういう番組ができているというのはうれしいですし、今は世の中が大変な状況ですが、この番組がみなさんの糧にもなってくれていると思うので、素敵だなと思います。 ――川村さんは今回が初出演ですね。 川村:フォトエッセイ(『SINCERE』)発売の近くで出演させていただきたいという話を(MCの)陣さんとしていて、ピンポイントで発売日の6月23日に出演させていただけてうれしいです。 ――この番組では、LDHのみなさんの交友関係がよく話題になっていますが、ほかのグループで最近交流のある方を教えてください。 吉野:僕はEXILEのAKIRAさんと「ラルフ ローレン」さんの対談をさせていただき、それまではあまりお話しする機会がなかったのですが、今回2人でいろいろお話をさせていただくことができて、やっぱり先輩と話すことはすごく大事だなと思いましたし、AKIRAさんが考えていることや、後輩に対する姿勢なども勉強になり、すごくいい時間でした。 川村:コロナの前になりますが、三代目 J SOUL BROTHERSの臣さん(登坂広臣)のお誕生日が3月12日で、ご自宅でカウントダウンパーティーのようにお祝いさせていただきました。臣さんのご友人の方と一緒に。楽しく一緒に飲ませていただきました。 ■川村壱馬 1997年1月7日生まれ、大阪府出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル。2014年4月、「VOCAL BATTLE AUDITION 4」に合格し、同年9月、同グループの正式メンバーに。2018年にドラマ『PRINCE OF LEGEND』で俳優デビュー。ほか、同シリーズの映画版『PRINCE OF LEGEND』(19)、その続編となる映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)、映画『HiGH&LOW THE WORST』(19)に出演。また、6月23日に初フォトエッセイ『SINCERE』を発売した。 ■吉野北人 1997年3月6日生まれ、宮崎県出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル。2014年4月、「VOCAL BATTLE AUDITION 4」に合格し、同年9月、同グループの正式メンバーに。2018年にドラマ『PRINCE OF LEGEND』で俳優デビュー。ほか、同シリーズの映画版『PRINCE OF LEGEND』(19)、その続編となる映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)、映画『HiGH&LOW THE WORST』(19)に出演し、7月10日に主演映画『私がモテてどうすんだ』の公開が控えている。

酒井青子

【関連記事】