Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『私たちはどうかしている』“七桜”浜辺美波&“椿”横浜流星キスシーンに反響「美しすぎる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の初回が12日に放送され、ヒロイン・七桜役の浜辺と老舗和菓子店の跡取り息子・椿役の横浜のキスーシーンに、ネット上には「絵画みたいに美しい」といった反響が巻き起こった。 【写真】浜辺美波&横浜流星が美しすぎる 『私たちはどうかしている』第1話フォト集  本作は、雑誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の安藤なつみの同名コミックを原作にしたラブミステリー。15年前に起こった老鋪和菓子店主人の殺害事件をめぐって“容疑者の娘”と“被害者の息子”が過酷な運命に巻き込まれながらも惹(ひ)かれ合う姿を描いていく。  和菓子職人として成長した七桜(浜辺)は、創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」との和菓子対決に挑むことに。光月庵は15年前に発生した殺害事件で、七桜の母・百合子(中村ゆり)が容疑者にされてしまった七桜にとって因縁の場所だった。  和菓子対決の当日、七桜は光月庵の跡取りとして立派に成長した椿(横浜)と15年ぶりに再会。七桜を覚えていない様子の椿は、なぜか突然彼女にプロポーズをする。15年前の殺害事件の真相を知るため、あえて光月庵の人間になることを選んだ七桜は、椿との結婚を決意する。  椿は光月庵にやってきた七桜を迎え入れると、許嫁・栞(岸井ゆきの)やその家族がいる前で「僕はこの人と結婚する」と宣言し、長い口づけを交わす。浜辺と横浜のキスシーンに、ネット上には「衝撃」「神聖!!」「絵画みたいに美しい」「国宝級美男美女同士のキスシーンが美しすぎて…」などの声が殺到し、さらに「ほんとにどうかしてるな」「1話からキスは反則すぎる!!」といったコメントが相次いだ。  第1話放送終了後、ネット上には「期待以上に面白い~」「第2話も楽しみ」といった声や「原作そのまま。七桜も椿もピッタリ。サイコー!!」「原作派やけど再現度高くて感動」などの投稿も寄せられていた。

【関連記事】