Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

法的効力のある「障がい者マーク」は2つ! それ以外となる「車いすマーク」の意味とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

車いすのマーク(国際シンボルマーク)

 政府機関によって、正しくは「障害者のための国際シンボルマーク」と呼ばれているのが、いわゆる世間一般的に認識のある車いすマーク。いわば、世界共通のシンボルマークなので、日本国内であっても法的効力はない。これは、障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すことを目的に使われるもので、マークの使用については、国際リハビリテーション協会の「使用指針」により定められている。  車いすのデザインがされてはいるが、車いすを利用している人を限定するものではなく、すべての障害者を対象としていることは特筆すべき点だと言える。  例えば、車いすマークがある駐車スペースは、障害者が優先してクルマを止められるようにまわりの配慮が必要ではあるが、車いすマークのステッカーが貼られているクルマは「障がい者が乗っていますよ」という広い意味で捉えるのがいいようだ。

身体障がい者マーク(道路交通法規定によるマーク)

 身体障がい者マークとは、四葉のクローバーがデザインされていて、肢体が不自由であることを理由として、運転免許にその条件がついている方が運転するクルマに表示される身体障がい者標識のこと。表示義務については「表示するように努めてほしい」という努力義務になっていて、表示しない場合でも罰則はない。  ただし、対象者が身体障がい者マークを表示して運転している車両に対して、「幅寄せ」や「割り込み」をした運転者は、道路交通法の規定により罰せられることになっている。

聴覚障がい者マーク(道路交通法規定によるマーク)

 聴覚障がい者マークとは、蝶々のデザインがされていて、法令で定める程度の聴覚障害であることを理由として、運転免許にその条件がついている方が運転するクルマに表示される聴覚障がい者標識のこと。聴覚障害者マークは身体障害者マークとは違って、表示する義務があり、表示しない場合は対象者が道路交通法違反になる。  他の運転者に対しては、身体障害者マーク同様に聴覚障がい者マークも、「幅寄せ」や「割り込み」をした場合は道路交通法違反になる。

【関連記事】