Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

南宇和元主将・大西貴氏1989年度高校サッカー選手権V 「地域が生んだ『必然』の産物」

配信

高校サッカードットコム

 かつて「不毛の地」と言われた四国地区サッカー界に燦然と輝く栄光。それは1990年1月8日・東京国立競技場で決勝戦が行われた「第68回全国高等学校サッカー選手権」における南宇和(愛媛)の初優勝である。 【フォトギャラリー】大西貴氏  当時34歳だった石橋 智之監督の下で地域が一体となり、そこで育った選手たちが成し遂げた四国高校サッカー初の偉業は、その後に石橋氏が尽力した愛媛FCの設立のみならず、現在の四国のサッカー界に絶大なる影響を与えている。  では、全国頂点を極めた「南宇和メソッド」とはいかなるものだったのか?あれから30年が経過した今だからこそ言える逸話なども含め、当時のDFリーダーで主将、サンフレッチェ広島や京都パープルサンガ、愛媛FCでの現役生活などを経て、現在は会社員と同時に松山工コーチ・松山大監督を務める大西 貴氏に聴いた。 「強くなる環境にあった」南宇和の土壌 ーー地元・愛媛県愛南町から育った大西さんですが、まず石橋 智之監督が率いる南宇和高校に進むまでを教えて頂きますか。  まず僕にとって大きな影響を与えてくれたのは城辺中時代の河野(雅行)さんとの出会いです。その先生から基本的なことを教えて頂きました。今考えれば中高一貫教育的な環境で、しかも強要はされず、朝から晩までリベリーノ(ブラジル代表)、オヴェラート(元西ドイツ代表)のような海外サッカー選手のような技術的な部分を粘り強く学ぶことができたんです。これが後に活きてきました。  その他にも当時の愛南町では一本松中や御荘中には今村先生や、森岡(知昭)先生という方もいらっしゃって、本当に熱心に基礎を教えて頂いた。ここが自分たちのスタートになったと思います。そして石橋先生は小学校時代からずっと自分たちの試合を見に来ていた。いろいろな方々が関わる中で自分たちが育てて頂いた。これが自分たちがあの場所から全国制覇できた第一の要因だと思います。 ーー加えてサッカーをする環境にも恵まれていた。  地区にはサッカーをできるグラウンドも2面ありましたし、その片方では南宇和の高校生、もう片方では中学生がしているような環境。そのうち週1回か2回は高校生と中学生が練習試合をするんです。城辺中と御荘中が入れ替わったり、合同チームを組んだりして。 そして中3の夏になると南宇和での高校サッカーフェスティバルに地区のサッカー部員は全員集められて、中3生チームで全国的に名のある高校サッカーチームと試合をするんです。Bチームと試合をするんですが、実はその時に負けたことがなかったんです。そこで石橋先生も自信を深めたと思いますね。今考えたら普通の事かもしれませんが、当時はクラブユースもほとんどなかった時代。いろいろな経験をさせて頂きました。 ーー南宇和に入学すると1年生から公式戦に出場。同じ城辺中から進んだ黒田 一則さん(元西濃運輸・愛媛FCでMF。現在は会社員及び愛媛フットサルパークコーチ)と共に選手権の舞台も踏んでいます。  僕は1年生の時は県大会でのコンデションが悪くて、選手権では1学年上の埜下(荘司)さん(元ガンバ大阪、コンサドーレ札幌などでDF)がポジションを上げた時にサイドバックに入るような感じでした。選手権では全国初戦でアシストを決めて、そこからスタメンに復帰しました。  ただ、全国大会デビューは北海道でのインターハイでしたが、遠征時には思っていなかったスタメンも経験できましたし、選手権でも物怖じするようなことはなかったです。 ーー当時の練習内容も教えてください。  朝練習では林さんというサイドバックの先輩と必ず一緒に1対1の練習をしていました。その時に「こうやって守る。こうやって対応する」という原則を覚えることができました。 夕方からの練習は2時間半から3時間。ボールを止める・蹴る・またぐ・切り返すなどの練習はみんな中学の時に基礎ができていたので、高校ではどう活かすか、ボールへのアプローチなどを数多く練習しました。そして30メートルくらいのロングキックも時間をかけてやっていましたね。 加えて2年の高校選手権で前橋商(群馬)に負けてからは「もっと身体を作っていこう」という話になって、練習後に捕食を摂取してからジムでの筋力トレーニング。自宅に戻るのは21時から22時でした。

【関連記事】