Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ステラ マッカートニー × サーチ・ギャラリー。「Stellavision」でドローイングセッションの様子が公開

配信

美術手帖

 ファッションブランドのステラ マッカートニーは、ソーシャルメディアチャンネルで「Stellavision 」を展開中。これまでデヴィッド・リンチやドリュー・バリモア、パティ・スミスによるメッセージなど、様々なコンテンツを発信してきた。  現在はアートに関するコンテンツを配信中の「Stellavision」。オフィシャルインスタグラムの「IGTV」では、各都市のロックダウンのなかでのオラファー・エリアソンやゲイリー・ヒューム、マリリン・ミンターといったアーティストたちのバーチャルスタジオツアーを見ることができる。  そして今回新たに、ロンドンの美術館「サーチ・ギャラリー」がアーティスト10名を選出。同ブランドの2020年サマーコレクションを身にまとったモデルのマウゴザタ・ベラを被写体に、Zoomでのドローイングセッションを開催した。ミリアム・エスコフェットやマッシミリアーノ・ピロンティ、フローレンス・ハッチングスなどの作家が参加したこの「アットホーム・ライフ・ドローイング」の様子は、IGTV上で5月27日から配信されている。  視聴者は、ハッシュタグ「#StellaCommUnity」をつけて自分の作品をポストすると、同ブランドのSNSでフィーチャーされるチャンスがあるという。それぞれのコンテンツの概要は 公式ウェブサイトで見ることができるため、こちらもあわせてチェックしてほしい。  また、新型コロナウイルスの影響で現在休館中のサーチ・ギャラリーは、オンラインで寄付を募っている。

【関連記事】