Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

峯田和伸と橋本マナミ共演、日台合作「越年 Lovers」が山形&仙台で先行公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

日本と台湾の合作映画「越年 Lovers」が、12月18日に山形と宮城・仙台で先行公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが到着した。 【写真】「越年 Lovers」(メディアギャラリー他3件) 本作は日本の山形、台湾の台北と彰化県の海辺の町、そしてマレーシアのクアラルンプールを舞台に紡がれるラブストーリー。岡本かの子による小説「越年 岡本かの子恋愛小説集」をもとに、それぞれの町の年越し風景と、素直になれない恋心が描かれる。日本パートでは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一を峯田和伸(銀杏BOYZ)、彼の幼なじみであり初恋の相手でもある碧を橋本マナミが演じた。台湾パートには“ピピ”の愛称で知られるヤオ・アイニンが出演している。 ポスタービジュアルには、原作にもなっている岡本の小説「老妓抄」を読む碧と、その隣でギターを弾く寛一の姿が。優しいタッチで描かれた「カメラ」「ラジカセ」「提灯」は、3つの物語のモチーフとなっている。 (c)2019映画「越年」パートナーズ

【関連記事】