Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「町田樹」を再構築、ソチへの飛翔 羽生・高橋らと競った戦国時代の男子フィギュア

配信

4years.

連載「4years.のつづき」から、関西大学卒業、早稲田大学大学院修了、博士号を取得した町田樹さん(30)です。羽生結弦、高橋大輔とともに2014年ソチオリンピックに出場、5位に入賞しました。10月からは國學院大學の助教に就任します。全6回にわたる連載の4回は、ソチオリンピックのシーズンを振り返ります。 【写真特集】元フィギュアスケーター町田樹さんインタビュー

復学、再び日本を拠点に

失意の全日本選手権から年が明け、リンクには頭を丸めた町田さんの姿があった。春には大学に復学した。拠点を米国から日本に戻し、スケーティングの基礎を重んじる大西勝敬コーチに指導をお願いした。 アメリカで競技に集中した2年間はたくさんの収穫があったが、一方でつらい生活でもあった。心機一転、再び環境を大きく変えることは、町田さんにとって「博打(ばくち)」でもあった。 なぜ、最も大事なオリンピックシーズンに学業との両立を選んだのか。その答えははっきりしていた。 「ソチオリンピックを終えたらもう自分は24歳。競技者としてピークを迎え、競技寿命がそう長くはないと思ったとき、自分はその先、何をするのだろうと。卒業を間近に控え、いよいよセカンドキャリアを考え始めなければならない状況になりました。けれども、様々な方々と相談する中で、学問の道に進むことを決意したことでむしろ、自分の未来への不安が消えて、競技に集中できるようになったのです」

ひたすら自己の身体と対話する

再出発の取り組みは10年間築き上げた技術や体感覚を全部壊し、「町田樹」というスケーターを土台から再構築することだった。大西コーチの下、スケートをゼロから見直した。 コンパルソリーという氷上に図形を正確に描く基礎練習から始まった。「コンパルソリーは言ってみれば、ただ氷上に図形を描き続けるだけの単純で地味な作業です。でも、その単純な作業が意外と難しい。自分の身体の筋肉や骨格をミリ単位でコントロールする力が求められる。自分の身体をどのポジションにもっていけば図形を描けるのか。骨盤をどのような角度で維持したらよいか。この動きの時には筋肉と関節の関係はどうあるのか。このような問いを自らに投げかけながら、ひたすら自己の身体と対話し続けました」 そうしたトレーニングを経ることで、いつしか自らの身体と動きを的確に客観視できるようになった。「この境地に至ると、ジャンプなどの技を繰り出す際にも、瞬時に主観と客観の両観点で自分の身体運動を分析しコントロールすることができたので、成功確率が飛躍的に増しました」 得点源となる4回転ジャンプの精度も格段に向上し、ジャンプで大きなミスをすることは、ほとんどなくなった。

【関連記事】