Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

卓球選手御用達の人気美容師、高校卓球部での2つの後悔【前編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

卓球辞めたら、何しよう。 ある選手はそれを笑顔で想像し、ある選手はそれを失意の内でつぶやく。 【写真】卓球選手御用達の人気美容師akaneさん この話は、後悔の中で卓球ラケットをハサミに持ち替え、にも関わらず「いつか卓球界に貢献したい」と思い続けた、一人の美容師の物語である。

佐藤利香さんが私の救世主だった

――akaneさんは名門・明徳義塾卓球部出身なんですよね akane:高校で明徳に入りました。高知出身なんですけど中学は別のところで。全寮制の明徳で頑張れば、中学から卓球を始めた自分でも高みにいけるんじゃないかと思って。 でも当時の明徳卓球部は徹底した実力主義で、私は実力不足で卓球台に入れず、球拾いとか鏡拭きとか。時には、コーチの家の犬の散歩に行ったり(笑)。 当時、明徳の女子は人数も少なく、成績も今の明徳ほど出ていない状況でした。私は卓球台にも入れず、何やってんだろうと思ってたときに、ちょうど来年監督になるかもしれないっていうタイミングの佐藤利香さんが見学に来たんです。 ――全日本優勝2回(1988年度、1991年度)、五輪も二回出場している佐藤利香さんですね akane:はい、今でも覚えてます。高校2年になる少し前です。 私、いつものように外をウロウロしたり鏡拭きしたりしていたら「ところであなたは一体何をやっているの、台が空いてるのに卓球しないの」って言われて。その時にこれは当たり前の状況じゃないんだって思った。 「何ヶ月後かに私に代わるから思いっ切りやろうね」って利香さんが言ってくれて、そこから強い弱いはもちろんあるんですけど、みんな平等に教えてもらえるようになりました。

劣等感の塊だった

――待ち望んだ練習ができるようになった akane:みんなメキメキと伸びていきました。そうなると、全国から集まってきている男子も女子も、私が高知の中学校で見てた“強さ”と、格が違うわけです。 その子たちとずっと朝昼晩過ごしているうちに、いつから卓球始めたのって話になって、向こうは小学1年生からやってる、そんな子たちに、中学から始めた自分が今から努力して勝てるわけがない。心のどこかでそう思ってしまったのかもしれません。 レギュラーに入れる自信もなく、劣等感の塊だったから、裏方仕事も素直な気持ちで取り組めなかった。

【関連記事】

最終更新:
Rallys