Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阿炎が結婚…同じ埼玉出身20代一般女性と3年の交際経てゴールイン

配信

スポーツ報知

 大相撲で三役経験のある東前頭5枚目・阿炎(26)=錣山=が結婚していたことが27日、分かった。お相手は20代の一般女性で、師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)を始め、近い関係者にも報告済みだという。明るい性格と豪快な突き押し相撲が持ち味の人気力士は、昨年名古屋場所で新小結に昇進した。「師匠を超える」と目標とする大関昇進に向けて、二人三脚で7月場所(同19日初日・両国国技館)に臨む。 【写真】「四股王子」と呼ばれる阿炎の素顔  無邪気さと豪快さを併せ持つ人気力士・阿炎が、生涯の伴侶を得た。関係者によると今月下旬、同じ埼玉県出身で20代の一般女性と婚姻届を提出。二人は知人の紹介で知り合い、3年の交際期間を経てゴールインした。師匠・錣山親方や周囲の関係者には報告済みで、挙式・披露宴は未定。現在は、都内で二人の生活をスタートさせている。  気さくな人柄も魅力だ。ファンサービスも丁寧で、巡業などではサインを求める行列ができることもめずらしくない。本場所の仕切りでみせる足をピンと伸ばした美しい四股は、今や代名詞。特に大相撲ファンの女性「スー女」からは、「四股王子」として黄色い声援を浴びる。  相撲はもろ手の立ち合いから、力強い突き押しが武器。師匠で元寺尾の錣山親方は、現役時代に回転の速い突っ張りで人気を博した。188センチの身長と長い手足を生かした阿炎の突き押しは、師匠譲り。錣山親方の7個にはまだ及ばないが、これまで金星を2個(白鵬と鶴竜)、敢闘賞は2回獲得している。  高校卒業後の13年夏場所で初土俵を踏むと、所要10場所で新十両に昇進した。一度幕下には陥落したが18年初場所で新入幕を果たすと、19年名古屋場所では新三役をつかんだ。昨年は幕内では唯一、年6場所全てで勝ち越し。年間最多勝も争った。  入門以来の夢は「師匠の番付を超えること」。新たな原動力を得て、大関昇進に向け突き進むことになった。4月には自身初の個人後援会も発足するなど、周囲の期待の熱も高まっている。現在は、東京での無観客開催を目指す7月場所に向け、錣山部屋で調整中だ。今年は初場所から2場所連続負け越しており、まずは7月での勝ち越しを目指す。再び三役、そしてその上へ。最愛の存在が、背中を押してくれる。  ◆阿炎 政虎(あび・まさとら)本名・堀切洸助。1994年5月4日、埼玉・越谷市生まれ。26歳。千葉・流山南高を卒業した13年夏場所に錣山部屋から初土俵。15年春場所に新十両、18年初場所で新入幕。19年名古屋場所で新小結に昇進し、同年は幕内では唯一、年6場所全てで勝ち越した。金星2個、敢闘賞2回。188センチ、150キロ。得意は突き、押し。

報知新聞社

【関連記事】