Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

しなの鉄道、初の新車「SR1系」7月4日デビュー 「特急みたいな装備」「軽食が気になる」……どんな車両?

配信

ねとらぼ

 しなの鉄道が新型車両「SR1系」による有料快速列車の運行開始日を決定。2020年7月4日にデビューします。 【画像】「特急みたいな装備…!!」車内の様子  SR1系は、しなの鉄道では初となる新造車両。信州の「爽やかな風」「沿線の豊かな風景」を表現したというロイヤルブルーの爽やかなデザインです。採用車両は総合車両製作所のステンレス車両ブランド・sustina(サスティナ)の「S23シリーズ」。S23は信越本線など新潟地区を走るJR東日本のE129系にも採用されたシリーズです。

「しなの鉄道初」がたくさん! 充実の車内設備が楽しみ

 SR1系ライナー車両は、座席がロングシートとクロスシートに転換できるデュアルシート型です。座席に電源コンセントがあり、車内Wi-Fiサービスも備わっています。さすが新型、普通にうれしい快適設備がちゃんとあります。  もう1つ、SR1系にはバリアフリー対応のトイレも設置します。2020年5月現在のしなの鉄道では、観光列車の「ろくもん」を除いて車両トイレが使えませんでした。これで長時間の乗車も安心です。

「しなのサンライズ」「しなのサンセット」が完全復活 平日は通勤ライナーとして運行

 SR1系は、平日には通勤ライナーとなる「しなのサンライズ」および「しなのサンセット」として運行します。しなのサンライズ号は朝に小諸駅発長野駅行きの1本を、しなのサンセット号は上田駅と長野駅の間で3本運行します。  しなのサンライズ号としなのサンセット号は1998年12月から2015年3月まで、169系急行型電車やJR東日本の189系特急型電車を使った有料の座席指定列車として運行していた列車名です。2015年3月以降もこの列車名は使っていましたが、座席指定料金不要の快速列車に変わっていました。  新車SR1系の投入によって、特急のような座席指定列車としての運行が満を持しての復活となります。これまでの189系にも劣らない車内設備となり、さらにしなのサンライズ号はSR1系最長の6両編成で運行することがポイントです。  座席指定料金は、小諸駅~上田駅と上田駅~長野駅間は300円、小諸駅~長野駅間は400円。大人、小人同額です。

【関連記事】