Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>25人感染、飲食店員など 重症でない男性死亡 スポーツ施設で陽性者と接触した女性感染

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県などは29日、新型コロナウイルス感染者を新たに25人確認し、県内居住の90代男性が入院先で28日に死亡したと発表した。新規感染者の内訳は県発表が19人、さいたま市1人、川口市4人、川越市1人。 <新型コロナ>過去最多、県内84人感染 東京も400人超…県、7月の4連休の影響出る時期

 県は26日に陽性と発表した八潮市の20代会社員男性について抗原検査で陽性となった後、PCR検査で2回陰性となったため、発生届が取り下げられたと発表した。このため累計の感染者は1人減り、4624人(チャーター便帰国者含む)、死者は102人(29日午後7時現在)となった。  同日午後9時時点の重症者は7人、感染者の入院は154人、ホテル療養56人、自宅療養25人。退院・療養終了は4262人。  県によると、死亡した男性は基礎疾患があり、検査で感染が分かり県内の医療機関に入院。人工呼吸器などは付けておらず、重症者には当てはまらなかった。  県管轄で詳細が判明したのは三芳町の50代県外公務員女性ら10~60代の男女13人。県内在住の20代女性は勤務する都内のスポーツ施設で陽性者と接触があった。草加市の20代女性は創作などを行う自営業で、仕事上陽性者との接触があったという。  さいたま市によると、感染が判明したのは10代男性の1人。都内の飲食店勤務で、26日に発熱して病院を受診し、検査を受けた。市内の障害者施設の職員感染で、利用者ら30人の検査が実施され、29人が陰性、1人が結果待ち。

 川口市によると、30代と40代の男女4人の感染が確認された。うち1人がアルバイトのフィリピン人女性。いずれも容体は安定しているという。  川越市によると、50代の自営業男性の感染が確認された。容体は安定している。

【関連記事】