Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生ハムとアボカドの洋風ちらしずし。ピンクと緑で華やか!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

家飲みのおともとして人気の生ハム。そのまま食べるだけでなく、主食に使ってみませんか? さわやかなヨーグルトドレッシングで仕上げる、ライスサラダ風のちらしずしなら、子どもにも好評です! 山本ゆりさん作!レンチンでつくる照り焼きチキンネギマヨ丼

生ハム、アボカドの洋風ちらしずし。ヨーグルトが味のカギ

●生ハムの洋風ちらしずし 【材料(4人分)】 ・米 3合 ・すし酢 90ml ・生ハム 12枚 ・アボカド 1個 ・青ジソ 5枚 ・A[プレーンヨーグルト(無糖)大さじ3 マヨネーズ大さじ2 塩少し] ・いりゴマ(白) 大さじ1 【つくり方】 (1) 米は洗ってザルに上げ、水気をきる。炊飯器の内釜に入れ、水を3合の目盛りまで注いで40分ほど浸水させ、普通に炊く。炊き上がったらすし酢を回し入れ、底から返すようにして混ぜる。大きめのボウルに移し、なるべく薄く広げて濡れブキンをかけ、ときどき上下を返すようにして人肌ぐらいになるまで冷ます。 (2) アボカドは種と皮を除き、1cm角に切る。青ジソは千切りにして水にさらし、ペーパータオルで水気を絞る。生ハムは半分に切る。 (3) 器に(1)の酢飯を盛り、(2)の生ハム、アボカドをのせる。混ぜ合わせたAをかけ、(2)の青ジソ、ゴマを散らす。 [1人分712kcal] <料理/近藤幸子 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

【関連記事】