Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍の銀座ビルを「売った孫正義氏」と「買った柳井正氏」の皮算用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 日本有数の歓楽街・銀座で、コロナ禍の苦境を象徴するような“売却劇”が起きた。ソフトバンクグループ(以下、SBG)の孫正義会長兼社長が、個人資産として保有していた「ティファニー銀座本店ビル」を売却したと報じられたのだ。 【写真】銀座に開店したユニクロ旗艦店

 SBGは2020年3月期の営業利益が1兆3500億円の赤字となる見込みだと発表。5月の決算発表では、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の損失額が1兆8000億円に達する見通しも示していた。同ファンドの投資先企業からは、コロナ禍で倒産が続出する可能性が指摘されている。経済ジャーナリストの有森隆氏はこうみる。

「個人資産のビルを売却することで、投資家や金融機関に対し、襟を正す姿勢を示そうとしているのでは。SBGへの出資者は痛い思いをしているが、孫氏も身を切っているという“アピール”だと受けとめました。

 売却先は不動産大手のヒューリックで、売却はみずほグループが仲介したと報じられています。みずほ銀行はSBGに1兆円近くを融資しており、ヒューリックも旧富士銀行の店舗ビル管理から出発した会社で、みずほ銀行から出向している役員も多い。この売却劇を、みずほ銀行がSBGから少しでも資金を回収しようという動きだと見る向きもある」

 そんな孫氏を横目に、6月19日、銀座に大型新店舗「UNIQLO TOKYO」を出店したのがファーストリテイリングの柳井正会長兼社長だ。

 柳井氏は昨年までSBGの社外取締役を務め、孫氏については「ずっとライバルで同志」と言及するほど交流が深い。

 そのユニクロは、6月の国内既存店の売上高が前年同月比で26.2%増と発表し、コロナ禍からのV字回復が伝えられている。前出・有森氏が語る。

「柳井氏は、世界のアパレル業界の中でもユニクロが最もダメージが少ないと分析していると聞きます。この店を新たな旗艦店と位置付けてビジネスチャンスを拡大しようとしている印象です」

 どちらも庶民にはケタ違いの取引ながら、「売り」と「買い」で分かれた“銀座の金の物語”。明暗はどうなるか。

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

【関連記事】