Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「通帳1冊1000円」時代到来、銀行との正しい付き合い方を指南

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 みずほ銀行は2021年1月から紙の預金通帳を発行する際に1000円(税込1100円)の通帳発行手数料をとると発表した。同年1月18日以降に新規口座を開設する人が対象で、それ以前からの預金者や70歳以上の高齢者は対象外だ。 【図解】「銀行口座を3つに分けるだけ」の貯蓄術

 紙の通帳の代わりに、オンラインで確認できる“デジタル通帳”を提供し、パソコンやスマートフォンで最大10年分の明細が閲覧できるという。

「窓口やATMで振り込みなどの手続きをする」「通帳に小まめに記帳しながらお金の出入りを管理する」「口座にお金を入れておけば安心・安全」──そういった“旧来型の銀行”から、この国の金融機関は大きく姿を変えようとしている。個人客をデジタル通帳やオンライン取引へと誘導しようとしているのは明らかだ。

 銀行が預金者に対して“旧来型の銀行からの脱却”を促している以上、銀行との付き合い方を変えざるを得ない時代が来ている。

 考えられる選択肢のひとつが「ネットバンキング」の活用だろう。ファイナンシャルプランナーの大堀貴子氏が語る。

「探してみると、ネット銀行には金利が高い定期預金もあります。たとえばオリックス銀行の定期預金は1年もので0.12%、3年もので0.27%となります」

 インターネットが使えれば、基本的には店舗に行く必要がないため「地銀のネット支店もその地方に住んでいなくても口座開設できる」(大堀氏)という。窓口の営業時間を気にせずに24時間、365日利用できることに利点を感じる人もいるかもしれない。取引状況に応じて預金金利や各種手数料が優遇されているところも多い。

 ただ、ソニー銀行など実店舗のないネット専業銀行では、何かあった時も電話がなかなかつながらなかったりする懸念がある。

「パソコンやスマホの操作に自信がない中高年の場合、何かあった時に窓口に相談できるメインバンクのネットバンキングサービスのほうが利便性が高いという考え方もあるでしょう」(大堀氏)

【関連記事】