Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古江彩佳は2打差で2年連続Vならずもホステスの責任果たす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【富士通レディース】最終日  昨年の今大会で国内女子ツアーでは7人目となるアマ優勝で話題を集めた古江彩佳(20)。その縁で今年3月、大会主催者の富士通とスポンサー契約を結んだ。ホステスプロとして臨んだ今年は優勝の申ジエに2打及ばず通算5アンダーの2位。とりあえず「ホステス」の責任を果たした。  所属やスポンサーの冠大会では、選手は優勝を期待されるため、いつも以上にプレッシャーがかかるといわれている。だが、今の若い選手はそんなことで緊張せず、成績は実力通りともっぱらだ。  例外もある。2016年から富士通と所属契約を結ぶ柏原明日架(24)は、前週まで8試合で4度も予選落ちと不調だったが、この大会は通算3アンダーの8位タイ。今季初のベスト10入りで面目を保った。  柏原は17年大会でも優勝したテレサ・ルーから3打差の3位と健闘。それで気が抜けたのか、残り6試合はすべて2桁順位と振るわなかった。面倒を見ている企業からすれば、「他の大会でも……」と思っているに違いない。

【関連記事】