Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦瑠麗氏 木下優樹菜の引退は「週刊誌報道止めるために引退と読める」

配信

デイリースポーツ

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が7日、フジテレビ系「とくダネ!」で、木下優樹菜が突然引退を発表したことに、「普通に考えれば週刊誌報道を止めるために引退したと読めますよね」とコメントした。 【写真】木下優樹菜、引退報告の文面  番組では突然の木下の引退について特集。事務所が「今後同人と信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」などの文書を発表したことに、カズレーザーは「困難は分かるが、引退に進むっていうのが気になる」とコメント。独立ではなく、一気に引退となったことを“気になる”と指摘した。  また、文春オンラインで、事務所側が「これ以上のリスクを抱えることはできない、何かあったときに守り切れない」と語っていたと報じたことに、カズレーザーは「これがなんなのかわからない」と首を傾げた。  すると三浦氏は「普通に考えれば、この事務所関係者がなんらかのことを知ってることを示唆している時点で、週刊誌報道を止めるために引退したと読めますよね」と分析。カズレーザーは「報道あるから、その前に防御線張ったと」と言うと、三浦氏は「取引って芸能関係、あるじゃないですか。プライバシーなんで私人のプライバシーは報じないでくれってことですよね」と語っていた。  三浦氏は木下が芸能活動再開を発表した直後の2日の「とくダネ!」で「優樹菜さんと1回共演したことあるんですけど、いい感じの方だし、お騒がせタレントという需要は社会に確実にある。完全に聖人君子的な人でなくてもいいし、お騒がせタレントとしての需要も戻ってくる」と復帰に肯定的な意見を述べていた。

【関連記事】