Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2億円が紙屑…「父は間違っていた」退職金で株始めた男の末路

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

大和証券、日興証券、野村證券を渡り歩いた筆者・原田茂行氏は、投資での成功を「父の反面教師」と明言しています。背景に潜む悲劇とは一体? 本連載では、 『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』 (幻冬舎MC)より一部を抜粋。過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や、投資に失敗する人の共通点、銘柄データのチェックポイントまで、「暴露話に近い」ノウハウを解説していきます。

元証券マンの筆者「証券会社を信用してはいけない」

■失敗の法則を知る いくつかの証券会社を渡り歩いた者として、投資家である皆さんに一つ警告しておきたいことがあります。 それは「証券会社を信用してはいけない」ということです。 これまで、証券会社にお金をあずけ、証券会社の営業員に言われるがまま、株や投資信託などの金融商品を購入した経験があるかもしれません。その結果、営業員が当初提案してきた計画どおりに、あなたは利益を得ることができたでしょうか。 おそらく多くの方がそうなってはいないと思います。証券会社を信用しきって投資をしている方の大部分が損をしているはずです。 証券会社仲介での投資は「極めて慎重に」行わなければいけないことを、まずは断言しておきます。絶対、営業マンに言われるがまま、その場の勢いで首を縦に振るようなことのないようにお願いします。 書籍『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』の講座1にあたる本記事では、私の過去の経歴を紹介するとともに、いかに証券会社が信用できないのか、その真実に迫っていきます。 なぜ証券会社に資産運用を任せきりだと儲からないのか。かつて証券会社に身を置き、現在は証券会社から離れている人間だからこそ明かせる実情を、赤裸々にお伝えする内容になります。暴露話に近い側面もあります。株で成功するための直接的なノウハウを明かしている章ではありませんが、失敗の法則を学ぶことにもつながるので、ぜひお付き合いください。 ■父のように株にのめり込むと…… 証券会社時代の話に入る前に、私が株に興味を持ち、実際に保有し、さらに証券会社に入ることを決めるまでの経緯について述べさせてください。 戦前、父方の祖父が満洲で事業をやっていました。終戦後、戦中の売上金の支払いを受け、それを元手に祖父は川崎で鉄工所の事業を始め、残ったお金で株を買っていました。わが家系の株式投資ライフはここからスタートしたのです。

【この記事にも注目】

【関連記事】