Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

指名手配犯の顔をAIで推測するプロジェクト「TEHAI」 警視庁と3社が連携

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Yahoo! JAPANと電通デジタルとPARTYの3社は、警察庁から写真や情報提供などの協力を得たうえで、AI(画像解析・生成技術)を用いて指名手配被疑者の現在の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」をした。 同プロジェクトは、警視庁による、11月の指名手配被疑者捜査強化月間の実施に伴い、指名手配被疑者の情報提供の促進を目的としている。 情報提供を呼びかける特設サイトを、捜査強化月間に先立ち9月30日より立ち上げたとのことだ。 WEBサイトでは、5名の指名手配被疑者の予測イメージを公開。被疑者の顔をクリックすると、AIによるシミュレーションと体型変化を加味し、被疑者一人につき9パターンの予測イメージを閲覧できる。

予測イメージは、AI(画像解析・生成技術)を使って、大量の顔写真データから加齢に応じた特徴(シワの入り具合、皮膚のたるみ方など)を抽出し、過去撮影された被疑者の顔写真にその特徴を適用することで現在の姿を予測。 加齢変化を得意とするAI、老化前後のペア画像から特徴を抽出して変換するAIなど、AIが持つ特長から複数のAIを採用し、被疑者1人あたり9つのパターンを公開することで、予測の幅を設けたとのことだ。 5名いずれも検挙に結びつく有力な情報を提供した人に対して報奨金が用意されており、心当たりがある際にはすぐに情報提供ボタンから連絡できる仕組みとなっている。また、Yahoo! JAPANでは、自社の広告枠を通じて本サイトの認知拡大を目指すとのことだ。

【関連記事】