Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

図書館は「第3の居場所」 メディコス総合プロデューサー吉成さん

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岐阜新聞Web

 アートや文化に関する映画を楽しむ「第10回岐阜新聞映画部アートサロン」が12日、岐阜市日ノ出町のシネックスであった。映画「パブリック 図書館の奇跡」を題材に、市立図書館の前館長で、ぎふメディアコスモス(メディコス、同市司町)の総合プロデューサーを務める吉成信夫さんが、公共空間としての図書館の役割について語った。  作品は米シンシナティの公共図書館が舞台。記録的な大寒波で緊急シェルターが満員になり、行き場のないホームレスの人たちが一区画を占拠した一夜を描く。新聞のエッセーに着想を得た俳優エミリオ・エステベスさんが11年かけて製作し、主人公の図書館員も演じた。  映画では図書館が市民の命を守る避難所になるが、吉成さんは「公共施設のうち無目的でいつまでも滞在して構わないのは公園と図書館しかない」と重要性を指摘。自宅でも職場や学校でもない「第3の居場所」を自身も目指して運営してきたといい、「図書館は新たなコミュニティーが生まれる場。劇中でも一夜限りだが連帯し対話する人の輪ができた」と解説した。  同時にホームレス問題にも本作は向き合う。岐阜市内では今年3月、橋の下で野宿生活をしていた男性が少年たちの襲撃で命を落とす事件があった。メディコスでもホームレスの人たちの利用は日常的で、「男性は本が好きだったと聞き、どきっとした。この映画を取り上げたかった理由の一つは事件について考えようと思ったから」と振り返った。  その上で同館が所蔵し、ホームレス生活をする人たちが販売する雑誌「ビッグイシュー」を来場者に紹介して「若者文化や公共空間の在り方、貧困問題などが詰まった雑誌。ぜひ読んでみて」と勧めた。  「岐阜新聞映画部」は岐阜新聞社とシネックスの共同企画(キリンビール、大和証券協賛)。新作映画の上映、映画監督や俳優らのトークイベントも行う。本作の上映は9月25日まで。

岐阜新聞社

【関連記事】