Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『マンダロリアン』が勝ち取ったものは スター・ウォーズシリーズの未来なのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
キネマ旬報WEB

配信ムービー・ピックアップ・レビューその7 「マンダロリアン」

数ある配信ムービーのなかから、選りすぐりの作品のレビューをお届け。日本屈指の「スター・ウォーズ」マニア・研究家として知られる河原一久氏に、噂のドラマシリーズの魅力について語っていただいた。

『マンダロリアン』が勝ち取ったものはスター・ウォーズシリーズの未来なのか?

1977年から始まった「スター・ウォーズ」、 いわゆる「スカイウォーカー・サーガ」と呼ばれる正篇は、昨年暮れに公開された「エピソード9 スカイウォーカーの夜明け」によって、その42年にわたった長い歴史に(とりあえず)幕を下ろした。しかし「夜明け」の作品としての評価は大きく分かれ、興行収入もディズニー時代の3部作中、最も低い成績という結果となった。その是非は今後のシリーズ展開の行方にも左右されるだろうが、鑑賞後に「ノー!」と叫ばずにはいられなかったファンたちでさえ、興奮を抑えきれずに「イエス!」と膝を打つコンテンツが同時期に供給されたことは、 彼らにとっての正に「新たなる希望」 だったと言えるだろう。シリーズ初となる実写ドラマ『マンダロリアン』 のことだ。

ディズニーが独自のネット配信サービス「Disney+」の目玉コンテンツとして用意した『マンダロリアン』は、配信されると同時にハイパースペース級のスピードで世界中のファンの心をつかんだ。日本では「Disney+」の開始が未定だったため配信が危ぶまれたが、日本独自のサービス「ディズニーデラックス」で遅ればせながら配信され、2月中旬には全エピソードを一気見できる状態になった。 ではいったいこの『マンダロリアン』とはどんな内容なのか?そもそもこの単語自体、知らない人には謎なのだが、年季の入ったファンには昔から心をくすぐるキーワードだったのだ。 そもそも「エピソード5 帝国の逆襲」(80) に登場した賞金稼ぎボバ・フェットがすべての原点だ。彼が身にまとっていたクールな甲冑。それは「伝説のマンダロア兵士(マンダロリアン)の装備」と呼ばれてきた。ボバ自身はマンダロリアンではなく、ただその甲冑を着ているだけなのだが、その人気が上がっていと共に、魅力的な甲冑とその背景への興味は増していった。

【関連記事】