Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナでSDGs達成危うい?フードデリバリー増に伴う、使い捨て容器の急増と悪化するプラごみ問題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

プラごみ問題悪化で再び注目されるSDGs関連問題

このところニュースメディアは新型コロナの話題で持ち切り状態。持続可能な開発目標(SDGs)に関する話題はめっきり減った印象だ。 しかしパンデミック収束後は、SDGsに対する注目は以前よりも高まる可能性がある。 今世界各地では、使い捨てマスクや消毒ボトルなどの「コロナごみ」による環境汚染懸念が増大。また、ロックダウン/外出自粛でフードデリバリーの使い捨て容器が急増し、各国のプラスチックごみ問題は以前にも増して深刻化している。持続可能なまちづくりを目指すSDG11、持続可能な消費を目指すSGD12、海洋環境保全を目指すSDG14などの達成を困難にしている。 アリババ傘下の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)3月12日の記事によると、新型コロナが発生した中国・武漢では、発生ピーク時、同市の病院では1日あたり240トンの医療廃棄物が発生。通常時は40トン、その6倍の廃棄物が生み出された。 米国でも医療廃棄物が急増。フロスト・アンド・サリバンの推計では、現在のペースで医療廃棄物が増えれば、2カ月で同国1年分の医療廃棄物を生み出すことになるという。

急成長の中国のフードデリバリー市場、プラごみ処理能力は追いつかず

フードデリバリーの使い捨て容器による環境汚染問題は、医療廃棄物問題以上に深刻だ。 この数年、フードデリバリー市場が急成長していた中国では、ロックダウンでサービス利用がさらに増え、同国のごみ処理能力は予想より早く限界を迎える可能性が指摘されている。 ニューヨーク・タイムズ紙によると、中国のフードデリバリー市場では2017年に160万トンの使い捨て容器ごみが発生。過去2年で9倍増加したという。160万トンのうち、使い捨て容器が120万トン、使い捨て箸が17万5000トン、ビニール袋が16万4000トン、プラスチックスプーンが4万4000トンだった。 この数字は増加傾向にある。2018年、中国フードデリバリー大手Meituanは、累計64億回のデリバリーを実施。前年比で60%の増加だったという。 中国では、プラスチックごみはこれまで埋め立てによる処理が主流だったようだが、埋め立て地が予想よりも早く埋まっており、焼却処理にシフトしている。SCMPによると、西安の北西部には同国最大の埋め立て地があるが、2019年11月に満杯となったため閉鎖された。これは当初の予定よりも20年早い閉鎖だという。 2018年の中国都市部の廃棄物のうち焼却処理された量は全体の45%。この割合、10年前は15%だった。

【関連記事】