Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

そうだったのか! 楢崎智亜が「無双状態」に なるまでの進化の過程

配信

webスポルティーバ

東京五輪&パラリンピック注目アスリート「覚醒の時」第19回 クライミング・楢崎智亜初優勝した世界選手権ボルダリング(2016年) 【写真】美人女子アスリート『闘う女たち』  アスリートの「覚醒の時」----。  それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。  ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。  東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく----。  昨夏のスポーツクライミング世界選手権での楢崎智亜には「どこまで強くなろうというのか」と唸らずにはいられなかった。とりわけ、男子ボルダリング準決勝の第1課題と第2課題で見せた楢?の成長には、ただ驚かされるばかりだった。  楢崎が覚醒した瞬間はいつか----。そう訊ねられたほとんどの人は、2016年シーズンのW杯ボルダリング重慶大会か、世界選手権ボルダリングを挙げるのではないだろうか。

前者は楢崎がW杯初優勝を果たし、このシーズンにW杯年間王者まで駆け上がった第一歩目。後者は優勝して日本人男子初の快挙を成し遂げた瞬間だ。  楢崎がW杯ボルダリングにデビューしたのは、高校3年だった2014年。5大会に出場し、中国・海陽大会では決勝進出して5位になったものの、3大会は予選落ちを味わった。  2015年はW杯ボルダリングに5大会に出場し、2度の予選敗退で最高位は10位。世界トップレベルからは、まだほど遠い存在だった。  その選手が2016年、ふたつの大きなタイトルを獲得して、一気に世界のトップへと駆け上がった。  結果を見れば覚醒と言える。ただ、技術的な面にフォーカスすれば、楢崎が急成長したというより、ボルダリングの課題傾向が彼の得意とするものに近寄ったということが大きいように感じてならない。  2016年シーズンは、IFSC(国際スポーツクライミング連盟)がオリンピックでの実施種目入りを目指していたこともあってか、前年までと課題の傾向が様変わりした。

【関連記事】