Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『2020FNS歌謡祭 夏』放送決定 第1弾出演者に嵐、瑛人、ヒゲダン、乃木坂46、三浦大知ら25組

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 8月26日18時30分から23時3分まで、相葉雅紀と永島優美(フジテレビアナウンサー)が司会を務める『2020FNS歌謡祭 夏』がオンエアされる。  昨年、令和初であり放送45周年という節目の『2019FNS歌謡祭』で、初めて『FNS歌謡祭』の司会を務めた相葉と永島。これまでの『FNS歌謡祭』の“ラグジュアリーなコンサート”というコンセプトに、新たに“家族で見ていただける”テイストを加えることになった『2019FNS歌謡祭』では、相葉と永島が幅広いトークでアーティストの知られざる顔を引き出し、『FNS歌謡祭』でしか見られないパフォーマンスを彩った。『2020FNS歌謡祭 夏』でも、引き続き相葉と永島が司会を務め、息ピッタリのトークと進行で番組を盛り立てていく。  先日、『2020FNS歌謡祭 夏』のPR動画の収録に臨んだ相葉は「夏の『FNS歌謡祭』の司会をやらせていただくのは初めてなのですが、とにかく熱く楽しい4時間半になるんじゃないかと思っています」と意気込みを寄せた。  同番組への出演アーティストに、まずは25組が決定。今回発表のアーティストでは、TikTokで話題沸騰の瑛人、大好評公開中の映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』の主題歌も担当するOfficial髭男dism(五十音順)が『FNS歌謡祭』初出演となる。そして、さだまさし、高橋真梨子、鈴木雅之、TUBEなどベテラン勢から、今話題の若手アーティストまで、日本の音楽シーンの最前線で活躍する顔ぶれが並ぶ。この他、新たな出演アーティスト情報、さらに詳しい企画内容は後日発表を予定している。

リアルサウンド編集部

【関連記事】