Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

唐津市長選、現職の峰市長が出馬表明 来年1月選挙戦に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 任期満了に伴う来年1月の佐賀県唐津市長選で、現職の峰達郎氏(60)=1期、山本=が14日、再選を目指して立候補する考えを定例市議会一般質問で明らかにした。市長選には元市議で新人の宮崎千鶴氏(65)=神田=が名乗りを上げており、選挙戦になる見通しになった。  これまでの市政運営などや今後の課題への対応を問われた峰氏は「公共施設再編、財政基盤確立などさまざまな課題を認識している」と述べた。さらに、新型コロナウイルスの影響で疲弊した市内経済の立て直しや人口減少対策などを挙げ「次の4年間も引き続き誠心誠意、市政運営に全力を注ぐ」と再選への意欲を示した。  峰氏は唐津東高-第一薬科大卒。唐津市議を2期務めた後、2003年の佐賀県議選で初当選した。3期目の途中で辞職し、13年の市長選は次点だったが、17年1月に4人で争った市長選で初当選した。  次期市長選は来年1月24日告示、31日投開票の日程で行われる。(成富禎倫)

【関連記事】