Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小沢仁志「俺はビデオショップの帝王」全国2000軒に直営業

配信

SmartFLASH

 30年にわたりVシネマ界に君臨し、出演作は500本、作中で “殺した人数” は2000人を超える。俳優・小沢仁志(57)のスタミナ源は、ずばり肉だ。 【写真あり】「小沢仁志」1984年のデビュー当時 「Tボーンステーキとか、骨付き肉が好きでね。スペアリブの肉と骨のあいだに薄皮があるだろ。あれを、ツーッと歯で剥がしてると、勃ちそうになるんだよ(笑)。今回も、最近通ってる焼き肉屋に、俺から連絡を取らせてもらったんだ。  この店は開店して、まだ1年くらいだけど、大将のマサとは、こいつが前の店にいたころからのつき合い。マサは目利きで、A5ランクとかにこだわらず、ちゃんと吟味した肉を出す。名物の特上ハラミには、辛子醤油が最高だよ。もう焼けたのか? ハフッ……はぁ、うめぇ。記者さんも早く喰いな。  大将、『二階堂』のソーダ割りもお代わりね。これで何杯めだっけ? 俺、このあとも飲み会があるだけだから、いいよな」  そう言って、豪快なペースで飲み続ける。 「まぁ、我ながら飲んで食べての毎日がよく続くと思う。だけどな、いくら俺が “鉄人” でも、こないだ数日間入院してさ。病気じゃねえよ。飲み疲れ(笑)。不健康な生活をこのまま続けるためにも、たまには休まねえとな。  俺も酒豪といわれるけど、松方(弘樹)さんの足元にも及ばねえよ。あの人、銀座でヘネシーとかストレートであおって、『さあ寝よう』というときにも、ベッドのサイドテーブルに置いたボトル、半分クッと飲んじゃうんだから(笑)」  そして小沢は、“恩人” について語り始めた。 「松方さんには、かわいがってもらったよ。テレ朝の『素浪人月影兵庫』(2007年)に推薦してくれて、相方の“ 焼津の半次” を演じたんだけど、現場は(東映)太秦のベテランスタッフが多くてね。 『Vシネ風情が』みたいな空気を感じたし、俺も最初はツッパってたから、のっけからわざと遅刻したり、衝突した。それを松方さんは、叱りながらも、かばってくれたんだ。クランクアップでは、『新たな俳優・小沢仁志の誕生に立ち会えて嬉しい』と言ってくれてさ……」  そう松方さんに思いを馳せると、ふと思い出したように、手元のジョッキに目をやる。 「それにしても、(石原)裕次郎さんや勝(新太郎)さん、梅宮(辰夫)さんもそうだけど、大物ってなんで、ああもブランデー好きかねぇ。  俺? 酒はもう、麦焼酎のソーダ割りばっかり。どこでも置いてるし、クセがないしな。クセが強い焼酎は、炭酸で割るとマズいのよ。それに、その手の酒は、ちびちびとロックでやるだろう。あんな飲み方してたら老けるって(笑)」  二階堂ソーダをあおり、“小沢節” は続く。 「だいたい、堅っ苦しいとこが嫌いなんだよね。寿司だって、回ってるほうがいい。カニサラダ巻き、ツナサラダ巻き、大好きだもん。一回、連れてってもらった銀座の寿司屋でカニサラダ巻きを頼んだら、本物のカニにマヨネーズが入ったのが出てきた。それじゃねえんだよなぁ~。  後輩にもよく言うんだよ。『「(洋服の)青山」のスーツでも、着こなせば「アルマーニ」になる』って。俺ら役者ってそういう商売。  それに、“うまい・安い・早い” が、Vシネだからね。いまも年間30本は撮ってるよ。昔の映画は、2本立てで週替わりだっただろ? それに近いサイクルで作ってるから」

【関連記事】