Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オール・ ウィー・アー、最新作『Providence』を8月14日リリース決定&新曲「Not Your Man」MV公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BARKS

アイルランド出身のリチャード・オフリン(Dr,Vo)、グロ・イックリン(B,Vo/ノルウェイ)、ルイス・サントス(G,Vo/ブラジル)から成る国際色豊かなバンド、オール・ウィー・アー。 ◆オール・ ウィー・アー 関連動画&画像 2016年にはThe fin.とのジャパンツアーを開催し、ここ日本でも人気を集める彼らが2017年の『SunnyHills』以来となる最新作『Providence』を8月14日にリリースすることが決定、新曲「NotYourMan」が公開された。 ビデオの監督を務めたムーンは次のように語っている。「社会的に孤立したロックダウンの撮影をパンデミックの真っ只中で成功させたんだ。建物の中には一度に一人しか入れないし、パソコンを使った演出は難しかったけど、奇妙でユニークな作品になったよ。これまでとは全く違うレベルのエネルギーを持っていないと、みんなの気力を保つことができなくて、クルーがいないと様々な問題にぶつかってしまうんだ。全体的に素晴らしい撮影で、このような状況にもかかわらず達成できたことに満足してる。オール・ウィー・アーはいつものように素晴らしい仕事をしたよ」。 制作を進める中、彼らの目標は音楽を使って悩みを和らげたり、体を動かしたりすることだった。このアルバムの原動力は、どんな信念や悩みを持っていても、音楽の力で癒されるということなのだ。また、サウンド面ではファンキーなベースラインと軽やかなリズムが鮮やかな彩りを生み出しているのが特徴となっており、ザ・ストーン・ローゼズのイアン・ブラウンのソロアルバムでもプロデューサーを務めたデイブ・マクラッケンの参加によって、今作では以前よりも明確なポップサウンドが生み出されている。 『Providence』は8月14日に各種フォーマットで発売、国内仕様盤CDには解説が付属する。 『Providence』 2020年8月14日(金)リリース BEAT RECORDS / DOUBLE SIX 国内仕様盤CD 解説書封入 BRDS139CD ¥2,000+税 TRACKLISTING 01. Providence 02. Heart of Mine 03. Not Your Man 04. L Is For Lose 05. Beauty In Loss 06. When You Cry 07. How You Get Me 08. Elegy 09. Bad Advice 10. Deliver It

BARKS

【関連記事】

最終更新:
BARKS