Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

どっちが満足!? レクサスのベストセラー・コンパクトSUV「UX」と輸入車ライバルを比べてみた

配信

くるまのニュース

レクサスSUVラインナップでもっともコンパクトなUX

 レクサス「UX」は、全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mm、ホイールベースは2640mmのコンパクトSUVだ。 売れ筋プレミアムSUV! レクサスUXとライバルを画像で見る(26枚)

 2018年3月のジュネーブショーでワールドプレミアし、日本で発売されたのは2018年11月27日となる。レクサスのSUVとしては全長5080mmのLX、全長4890mmのRX、全長4640mmのNXというラインナップがあるなか、UXはもっともコンパクトな末弟という立ち位置になる。  ラインナップとしては、174ps・209Nmを発生する2リッター直4エンジンにCVTを組み合わせ、前輪駆動の「UX200」と、146ps・188Nmを発生する2リッター直4エンジンに109ps・202Nmを発生するフロントモーターのFFモデルと、それに7ps・55Nmのリアモーターを搭載した4WDモデルの「UX250h」の2グレードがある。  このうちUX250hは、日本自動車販売協会連合会(自販連)の2019年度(2019年4月から2020年3月)のデータでは1万2551台を販売、乗用車ブランド通称別順位では46位と、レクサスブランドとしては唯一ベスト50に入っている。  車両価格は「UX200」が397万2222円から482万7778円、「UX250h」が432万8704円から544万9074円になっている。  UXの特徴としては、ハイブリッドモデルの燃費の良さがあげられる。UX250hのFFモデルはWLTCモードで22.8km/h、4WDモデルで21.6km/hと、ほかのプレミアムSUVを圧倒するエコ性能を発揮する。 ※ ※ ※  そんなレクサスUXのライバル車は、プレミアムモデルだけに輸入車になりそうだ。ライバル車を紹介していこう。

●メルセデス・ベンツGLA  レクサスUXの最大のライバルは、メルセデス・ベンツ「GLA」だろう。

 GLAは全長4430mm×全幅1805mm×全高1505mmと、UXと比べて65mm短く、35mm幅が狭く、35mm低い。ホイールベースは2700mmと60mm長くなる。  日本では2014年5月に登場したモデルで、122ps・200Nmを発生する1.6リッター直4ターボ+7速ATで前輪駆動の「GLA180」、184ps・300Nmを発生する2リッター直4ターボ+7速DCTで4輪駆動の「GLA220 4マティック」、211ps・350Nmを発生する2リッター直4ターボ+7速DCTで4輪駆動の「GLA250 4マティック」、そして381ps・475Nmを発生する2リッター直4ターボ+7速DCTで4輪駆動のスポーツモデル「メルセデスAMG GLA45 4マティック」の4グレードがある。  車両価格は422万円(GLA180)から543万円(GLA250 4マティック)と、UXに近い価格設定となる。  GLAの特徴は、FFベースながらメルセデス・ベンツらしいその重厚な走りにあるだろう。車両価格的にもUXと同等になる。  ただしGLAはモデル末期で、この2020年4月には欧州で2代目となるGLAが登場している。  新型GLAのボディサイズは全長4410×全幅1834mm×全高1611mm、ホイールベースは2729mm。これは従来モデルと比較すると全長は14mm短くなり、全幅は30mm広く、全高は104mm高くなっている。ホイールベースも30mm延長されている。  また欧州では新型GLAとGLCの間に、新たに「GLB」というモデルも登場、こちらも近いうちに日本に導入される予定だ。

【関連記事】