Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堀越 佐藤実監督「高校サッカーの枠を越えて、社会においてスポーツの存在価値を改めて考える良い機会」

配信

高校サッカードットコム

 目標は高く、東京制覇、そして全国大会出場を目指すという今シーズンの古豪・堀越。リーグ戦では7年ぶりに東京都1部リーグ(T1リーグ)へ戦いの場を移した堀越の佐藤実監督にお話を伺った。 ――就任当時を振り返って  ラッキーなことに、これまで多くの実績ある監督さんの下でやらせて頂いていましたし、長野でも短期間ではありますがTOPチームの監督の経験もありましたので、不安よりもここまで関わって下さった人への恩返しだと思い前向きにこの仕事を捉えていました。ただ、当時を振り返ってみると生徒やスタッフ、保護者の皆さんが持っている力を引き出しきれていなっかたことを痛感しています。 ――昨シーズン、インターハイ予選は大成に延長で敗れベスト8、選手権予選は帝京を苦しめるもベスト4とトーナメントでは悔しい結果に。一方、Tリーグでは僅か3敗の首位で終え今季のT1昇格を決めました。  昨年から、チームの在り方、理念の策定や短中長期の目標設定など、生徒、スタッフ皆で話し合って決めて実行していくなど、ピッチ内外の充実を図ってきました。『東京制覇』は昨年からの宿題になっていますので、今年も変わらず目指していきたいと思います。 ――佐藤監督が目指すチーム作り。  サッカーの原理原則をしっかり抑えて、将来どんな環境でもプレイ出来て、更には語れる選手の育成が大切だと感じています。 ――今、チームとして取り組むべきこと。  生徒の住んでる環境も様々なので、ここも主体的にスタッフ、選手で色々アイディアを出し合いながら取り組んでいます。  今までやってきたことをベースに、うちなりのプレーモデルを徐々にですが作り始めました。まだ道半ばですが、堀越のチームフィロソフィーや歴史、多くの方々の関わり、環境などサッカー以外のものと実際プレーしていく中での基準やアイディアを分かり易く合わせていけるようにしています。 高校サッカーの2年半でどこまで落とせるかわかりませんが、新しいことに常にチャレンジできる環境を作って行きたいです。  そしてこの中断期間は、高校サッカーの枠を越えて、社会においてスポーツの存在価値を改めて皆が考える良い機会になっていると感じてます。  今まで自分たちの周りにあたりまえにあった環境が如何に恵まれていたのかと、感謝の気持ちを持つと同時に、今後、自分たち指導者が今の生徒に何を伝えていくのか、非常に大切であると考えています。  プロに何人出したとか、全国に出る、結果を出すといったような事は勿論大切ですが、それ以上に日々の活動のなかで、今の取り組みがどう社会に繋がり、今後どう活かされていくのかを、しっかりと伝えて行くことが一番の仕事だと思ってやっています。  サッカーの指導者なので、サッカーやスポーツの持つ魅力やサッカーの中身を、常に学び理解していくのは当然です。今そのような人材育成をできるのはスポーツが一番適しているように感じますので、微力ながら社会に貢献できる組織や個人になれるように努力していきます。 ――チームとしてのビジョンと共に、“今“をしっかり捉えて目標へ向かって突き進む。そんなリーダー率いる堀越の東京制覇の宿題が片付く日もすぐそこかも知れない。

【関連記事】