Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナの影響でテレビも一時放送休止 フィリピンで記者ら、自宅からFacebookライブ配信

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染がフィリピンで拡大している中で、様々なところにも影響が出てきている。 テレビ局CNNフィリピンが入居するオフィスビルで感染者が出たため、ニュース番組の放送自体を約1日、停止した。テレビ局内やビルを消毒する間の措置という。 休止中のCNNのチャンネルに合わせると、テレビ画面は“CNN Philippines“というロゴが映る静止画となっている。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子】

CNNフィリピンの発表によると、一時放映停止の措置は18日から少なくとも24時間実施され、同社のニュースサイトのウェブニュース記事は継続して配信するという。 同社は「緊急事態に備えて、自宅からのリモートワークを実施してきました。CNNフィリピンは(放送休止期間中も)ニュースをお届けできるように、取材を続けています」とした。 Facebookでビデオのライブ中継ができる機能を使って、アナウンサーや記者が自宅のリビングやバルコニーからそれぞれ、ニュースを読み上げて伝える様子も見受けられた。

CNNが局内消毒のために一時放送休止する一方で、他局のGMAもニュース番組の一時放送休止を発表している。 GMAは「非常事態宣言を受け、GMAニュースは一時的に放送を休止します」との声明を出した。休止期間や理由など詳細は明らかにしていないが、公共交通機関などの停止で、記者ら従業員が出勤しにくい状況が発生している。

外出禁止、公共交通機関も停止で混乱

ドゥテルテ大統領は3月12日夜、マニラ首都圏の「封鎖」を発表し、フィリピン全土に非常事態宣言、首都圏では外出禁止令が出され、ルソン地方全域でのコミュニティ隔離も強化されている。 外出禁止令などを踏まえて公共交通機関も停止しているために、医療関係者やスーパーや食料品店の店員、報道関係者など、出勤する必要がある人々まで通勤や移動が難しくなっているのが現状だ。 フィリピン保健省によると、3月19日午後4時時点での国内の感染者数は217人で、死者は17人という。

【関連記事】