Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一夜限りのコンサート 井上芳雄 & 中川晃教『僕らこそミュージック』開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

2002年以来上演が重ねられている、ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイ作、小池修一郎演出の人気ミュージカル『モーツァルト!』。直近の公演(2018年)では、今や“朝ドラ俳優”となった山崎育三郎と古川雄大がWキャストで務めたタイトルロールの、日本版オリジナルキャストが井上芳雄と中川晃教だ。 今や押しも押されぬミュージカル界のトップランナーとなったふたりだが、初演当時、井上はまだデビュー3年目で主役は未経験。中川にいたっては、シンガー・ソングライターとしてはデビューしていたものの、ミュージカルには出演したことすらなかった。日生劇場、シアター・ドラマシティ、そして帝国劇場で上演される作品の主演に、そんな未知数のふたりを据えるとはーー。考えれば考えるほど大冒険のように思えるが、小池修一郎の英断は吉と出て、作品は高い評価を受け、ふたりはスター街道を駆け上がっていった。 中川は2007年公演、井上は2014年公演をもってヴォルフガング役を卒業。同じ役を演じながらも個性は対照的だったふたりだけに、卒業後にそれぞれが演じた役もバラバラで、今ではこのふたりがWキャストになれる役など簡単には思い浮かばない。ふたりが別々の道を歩んでいるからこそ、余計にキラキラした印象とともに思い出される“伝説のWキャスト”が、本日開催する一夜限りのコンサート『井上芳雄&中川晃教 僕らこそミュージック』だ。 ヴォルフガング役のソロナンバー、《僕こそ音楽(ミュージック)》をもじったタイトルが興味をそそるコンサートの内容は、「これまでの感謝がこれからの希望へと繋がる、僕たちならではの特別なコンサート」(井上)、「選曲はミュージカルはもちろん! 日本を元気にする音楽! それぞれのオリジナル曲! などなど。洋楽邦楽を問わず、幅広く考えていきます!」(中川)とのこと。セットリストはもちろんだが、互いに“ヨッシー”“アッキー”と呼び合うふたりの、息の合ったトークにも注目したい。 井上芳雄 & 中川晃教『僕らこそミュージック』 9月23日(水)帝国劇場にて開催、ライブ配信も実施 文:町田麻子

【関連記事】

最終更新:
ぴあ