Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三重・真珠養殖に打撃 アコヤガイ稚貝、大量死の兆候

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 三重県は1日、真珠養殖に使用するアコヤガイの稚貝が、去年に続き今年も大量死の兆候が出てきていると発表しました。  県が県内の真珠養殖業者にアンケートを行ったところ、養殖しているアコヤガイの稚貝の36パーセントにあたる約250万個が、死んでいることが明らかになりました。  県によると、6月上旬の英虞湾周辺の海水温は2004年に観測を開始してから最も高い23.5度ということですが、多くの稚貝が死んだこととの因果関係は分かっていません。  県は、養殖業者に対し水温の低い深い場所で稚貝を飼育するなど飼育方法の指導を行っていくとしています。

中京テレビNEWS

【関連記事】