Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

としまえん無き今、今後の東京に絶対欠かせないのは「あらかわ遊園」だ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

何度も通った「近所の遊園地」の閉園

 2020年8月31日(月)に、としまえん(練馬区向山)が閉園しました。としまえんは1926(大正15)年開園、実に100年近い歴史のあった遊園地。西武鉄道が所有し、シンボルであるメリーゴーラウンドは日本機械学会「機械遺産」にも選ばれています。 【画像】あらかわ遊園、都電荒川線……守りたい東京ほっとスポット(画像7枚)  水と緑の遊園地と名付けられているとおり、波のプール、流れるプールやウォータースライダー「ハイドロポリス」のある広大なプールは多くの来場者に親しまれてきました。  ちなみに、「流れるプール」もまた歴史が長く、1965(昭和40)年に開業、「世界初」の流れるプールとして知られ、2015年には西武線池袋駅構内などにでかでかと「世界遺産 狙ってます。」と書かれたポスターが掲示されており、「強気な広告だなぁ(笑)」と感じたのをよく覚えています。  都心からのアクセスもよく、西武線・都営地下鉄線の駅として「豊島園駅」があるほどで、都内でも知名度抜群、知らない人は知らない遊園地だったのではないでしょうか。  僕(影山裕樹。編集者、千十一編集室代表)個人としては子どもの頃から家族や友人と何度となく通った思い出があります。  ジェットコースターが苦手なので、「ミラーハウス」や「ミニサイクロン」「ミステリーゾーン」など心臓に優しい乗り物にしか乗った記憶がないですが、当時暮らしていた中野区江古田からも自転車で行けるほどの距離なので、へんな話、駄菓子屋に行く感覚で行ける“近所の遊園地”という感覚でした。

消える遊園地と、残る遊園地

 都内近郊には実に小さな魅力的な遊園地がたくさんあります。浅草の花やしき(台東区浅草)や池袋のナンジャタウン(豊島区東池袋)、お台場のジョイポリス(港区台場)、後楽園遊園地(東京ドームシティ アトラクションズ、文京区後楽)、京王線沿線のよみうりランド(稲城市矢野口)……。  しかし、なくなってしまった遊園地もたくさんあります。  二子玉川にあったナムコ・ワンダーエッグは楽しかった……。中野マルイ本店や渋谷東急の屋上にあった屋上遊園地なんかもそう。  今振り返れば、小さな遊園地は東京ディズニーランド(千葉県浦安市)やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)のような大規模なテーマパークにはない、親しみやすい「ご近所感」も売りだったように思います。  としまえんの閉園もショッキングな出来事ではありましたが、個人的にはJR川崎駅から徒歩10分ほどの立地にあったウェアハウス川崎がなくなったのはショックでした。  遊園地というよりは、ダーツやビリヤードのある巨大なゲームセンターといったところ。売りはなんといってもその廃墟のように錆びた外観と、香港の九龍(クーロン)城をイメージした圧倒的なクオリティーの内装です。  よくもまあここまで凝ったことするなぁと思います。最近はやりのプレイステーション4用ゲーム「ラスト・オブ・アス2」に出てくるステージのようで、廃墟好きにはたまらないアミューズメントパークだったのではないでしょうか。  こうして無くなっていく遊園地がある一方で、更新され残っていく遊園地もあります。  2018年12月に休園し、2022年春頃リニューアルオープンが控えている「あらかわ遊園」(荒川区西尾久)がまさにそうです。

【関連記事】