Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライバル同士の対戦は、“地元”の大津が大勝。東福岡も終盤に一矢報いる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 九州内から8校が参加して行われる「2020強化交流U-18サッカーフェスティバルin大津」が、熊本県大津町で8月1日から3日間の日程で始まり、初日は8試合が行われた。 【フォトギャラリー】大津 vs 東福岡  第1試合は、ともに今年度は高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTに属する大津(熊本)と東福岡(福岡)が対戦。他県のライバルとの真剣勝負に臨む機会は今年度に入って実質これが初めてとあって、「どこまでやれるかのチャレンジと、他チームの現在地を探る」(大津・山城朋大監督)という位置づけ。ちょうど梅雨が明けたタイミングで気温が一気に上がったこともあり、35分ハーフで行われたゲームは前後半それぞれに飲水タイムが設けられ、また多くのチームが前後半のメンバーを大きく入れ替える措置を取っていた。  注目のカードはまず、東福岡が左サイドでDF本田良輔(3年)とMF遠藤貴成(3年)のコンビネーションを生かし、大津の背後のスペースを狙って攻め込む。しかし大津はGK佐藤琉星(2年)やストッパー金子遼太郎(3年)を中心に固いディフェンスで対応。また前線からのプレスで東福岡にボールを運ばせず、徐々にペースを掴んでいく。  スコアが動いたのは19分。MF森田大智(2年)からのパスを受けたFW坂本充(3年)がドリブルで中央を突破、そのまま右足で決めて大津が先制する。さらに27分、高い位置でのボール奪取から、FW宮原愛輝(3年)がループ気味に決めてリードを広げる。  追う展開となった東福岡は、右サイドのMF岩井琢朗(3年)の仕掛けや、前線でボールを収めたFW日高駿佑(3年)のシュートなどで得点機を迎えるもののゴールは割れず。大津リードで折り返した。  後半、大津は前半の3バックから4-4-2にシステムを変更すると、立ち上がりの40分にコーナーキックのこぼれをDF長友海翔(3年)が押し込み3-0。さらに45分には、東福岡のパスミスを逃さず、右からのクロスをMF濱田冬河(3年)が頭で合わせ4点目を奪う。  東福岡は高い個人技を生かして局面を打開、サイドへ展開して得点を奪いにいき、実際にゴール前でのチャンスも作るが、52分、64分とFW田中幸樹(3年)が迎えたチャンスはGK正面に飛んだりクロスバーを叩いたりで得点ならず。大津はカバーリングも含めて組織的にボールを奪い、攻撃に転じてからはシンプルにボールを動かす形を続け、69分にも左から攻め込みMF荒木慶翔(3年)が流し込んで5点目を挙げた。  アディショナルタイムに入って東福岡も意地を見せ、サイドチェンジからのクロスを入れる場面で得たPKを青木俊輔(3年)が決めて1点を返すが、ひっくり返すには至らず。大津が5-1と大勝する結果となった。 (文・写真=井芹 貴志)

【関連記事】