Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飲み込みにくい、堅い、かめないを改善する調理法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

シニアは、加齢とともにのどや顔の筋肉が衰えたり、舌の機能や唾液の分泌が低下します。料理研究家、管理栄養士の藤井 恵(ふじい・めぐみ)さんが、そんな悩みを解決する調理の工夫を紹介します。 * * * ■飲み込みにくさ対策は、とろみを使うことから 材料がコロコロとしていたり、肉や魚料理がパサパサに感じるときは、とろみを補うためにあんかけにしましょう。とろみをつけると汁がからまり、飲み込みやすくなります。また、口の中ではりつきやすい葉野菜や海藻類は、食べやすく切って白あえやごまあえ、マヨネーズあえにすると食べやすくなります。 ■とろみにはかたくり粉やネバネバ食品を利用 とろみづけによく使われるのがかたくり粉。かたくり粉1に対して水1~2の割合で溶き、料理の仕上げに加えます。テキストでは冷たいだしとかたくり粉を混ぜ、加熱しながらとろみをつける方法も紹介しています。また、ほかにも刻んだオクラや長芋、納豆、めかぶなどのネバネバ食品を利用するのもいいでしょう。適度なとろみがつき、飲み込みやすくなります。 ※料理のつくり方はテキストに掲載しています。 ■『NHKきょうの料理』連載「シニアの元気はここから! からだ応援レシピ」2020年5月号より

NHK出版

【関連記事】