Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローマが2度のリード&数的優位もC・ロナウド2発のユーベにドロー《セリエA》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

セリエA第2節、ローマvsユベントスが27日に行われ、2-2で引き分けた。 ヴェローナとの開幕戦ではユベントスへの移籍が噂されたジェコが起用されなかった中、ゴールレスドローに終わったローマ。後にディアワラの未登録起用により、反則負けで黒星スタート扱いとなった中、移籍が消滅したと報じられるジェコが先発となった。 【動画】“ピントゥリッキオ” デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK【ビューティフル・フリーキック】 対するユベントスはピルロ新監督の初陣となったサンプドリア戦を快勝で飾る好発進を切った。そのユベントスは4年ぶりに復帰したモラタが早速スタメンとなり、C・ロナウドと2トップを形成。ディバラがベンチに戻った。 開幕戦の[3-5-2]からフラットな[4-4-2]に変更して臨んだユベントスに対して、良い入りを見せたローマは12分に決定機。ムヒタリアンがドリブルで持ち上がり、ボックス中央に侵入してシュートに持ち込むも、GKシュチェスニーにセーブされた。 徐々に押し込む展開としたユベントスだったが、ローマが30分にPKを獲得する。ヴェレトゥのシュートがボックス内のラビオの手に当たってPKとなった。これをヴェレトゥが決めてローマが先制した。 追う展開となったユベントスは34分にC・ロナウドの右クロスからラムジーがダイビングヘッドで飛び込むチャンスを演出。すると43分にPKを獲得する。C・ロナウドがドリブルでボックス左に侵入したところでペッレグリーニのハンドがあった。 このPKをC・ロナウドが決めて試合を振り出しに戻したユベントスだったが、ローマが追加タイム1分に勝ち越す。ロングカウンターに転じた流れからムヒタリアンのラストパスを受けたヴェレトゥが決めきった。 ローマが1点をリードして迎えた後半、56分に3点目のチャンス。スピナッツォーラのパスを受けたボックス内のジェコが左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 流れの悪いユベントスは58分に2枚替えを敢行。モラタとマッケニーに代えてドグラス・コスタとアルトゥールを投入し、クルゼフスキが2トップの一角に入った。しかし62分、ラビオに2枚目のイエローカードが提示され、ユベントスは数的不利となった。 すると64分にローマに3点目のチャンス。サントンの右クロスからジェコが決定的なシュートを放ったが、GKシュチェスニーの守備範囲だった。 助かったユベントスは69分、大黒柱のゴールで追いつく。ダニーロの右クロスからC・ロナウドが打点の高いヘッドで試合を振り出しに戻した。 終盤にかけては数的優位のローマが押し込む展開が続いたものの、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。

超WORLDサッカー!

【関連記事】