Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

おぎやはぎ・矢作 10代の恋愛相談に「やっぱり僕は向いていない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

おぎやはぎの矢作兼さんが、6月25日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とともに、リスナーの相談に答えました。

矢作さんは、TBSラジオの番組「JUNKおぎはやぎのメガネびいき」で、「SCHOOL OF LOCK!」のパロディ(!?)を放送したことをきっかけに、さまざまな壁を越えて登場。矢作教頭と名乗り2人のリスナーの相談に対応したのですが、1人目の「オシャレな伊達メガネをかけたいけど、周りの目が気になってかけられない」という高3の女性リスナーには、「本当にかけたいメガネの前にいくつか試して、周りの目を慣れさせては?」とアドバイス。2人目は恋に関するお悩みでした。

――高2・女性リスナーが矢作教頭に恋の相談

さかた校長:もしもし! 矢作教頭に相談したいことがあるんだよね?! それを教えて? リスナー:はい。人を好きになるってどういうことか、教えてください! 矢作:深い! さかた校長:これはどういうことなの? リスナー:矢作先生には大人の色気があるので、経験豊富そうだなって思って……(笑)。 矢作:うまいね~、なんか教頭コロガシが……(笑)。 さかた校長:今まで、人を好きになったことがないってこと? 【このリスナーは、小中高と女子校に通っています。双子の兄の友達以外は異性と話したことがなく、好きになったこともないと言います。好きなタイプもわかないため、「好きってどういうことなのかな?」と気になったとのこと】 さかた校長:ちなみに矢作教頭は、初恋はいつですか? 矢作:僕は小学校3年生くらいかな? 僕にはおねえちゃんがいるんだけど……(ビート)たけしさんの言う“おねえちゃん”じゃなくて、姉ね(笑)。 こもり教頭:たけしさんの“おねえちゃん”は、10代にはわからないです……(笑)。 矢作:3つ上に姉がいるんだけど、近くにある大学の文化祭に行ったのよ。そこに好きな子も来ていたんだけど、お姉ちゃんが「うちの兼があんたのこと好きなんだって」って言っちゃったの。それからその子とは中学校まで一緒だったけど、一言もしゃべれなかったよ。 さかた校長:うわぁ、逆に気まずくなって、ですか? 矢作:そう、最悪だったよ。俺の初恋は、そんな嫌な思い出なの(笑)。 リスナー:(笑)。

【関連記事】