Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ステイホームとケムール人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 2020年、ウイルスが世界を襲う。こんな事態を誰が予想しただろう。  1966年に放送された『ウルトラQ』の第19話(脚本・金城哲夫)が興味深い。  『2020年の挑戦』と題されたこの回には、誘拐怪人ケムール人が登場する。  頭から触覚を垂らし、フォッフォッフォと不気味な声を発しながらゆるゆると走るあのケムール人だ。  2020年のケムール星では医学の驚異的な発達で500歳まで生きられるようになっていた。しかし、肉体は衰えてしまうので、地球人の若い肉体を手に入れるために地球へやって来たのだ。   生き延びるために地球人を誘拐しにきたケムール人。  触覚から「消去エネルギー源」なるゼリー状の物体を出して人間をその場で消去し、ケムール星に電送。それを利用して自らの体に移植しようと企んでいたのだ。  2020年、実際に襲ってきたのはケムール人ならぬ新型コロナウイルスだったが、まさに現在の我々を暗示しているような話でもある。

    そういえば、道行く人々もケムール人に思えてくる。  マスクで覆われて表情がよく見えないし、マスク越しの笑い声もちょっと不気味。  これでゆっくり走っていたらまるでケムール人だ。  だいたい、この時期にマスクをするのは、花粉症の人か芸能人か歯医者さんくらいだろうと思っていた。  それがどうだ、今やマスクで顔を覆う人々ばかり。散歩の犬までマスクをしている。  「ステイホーム」  今や世界中の人々がこの標語を掲げている。  そこで、ステイホームの過ごし方について少し考えてみた。   密集しない、接触できない。そんな人々を満たすものは。  テレビ電話や音楽、映画、ライブ、ネット配信サービス。  聞き慣れない言葉があっという間に世の中に浸透する。  「ソーシャルディスタンス」「Zoom会議」「テレワーク」「リモートワーク」………。   そもそも「リモートワーク」って何?

【関連記事】

最終更新:
47NEWS