Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

風鈴で参拝者出迎え 多久比禮志神社(大沢野)

配信

北日本新聞

 富山市塩(大沢野)の多久比禮志(たくひれし)神社(林文雄宮司)の参道に、さまざまな風鈴がつるされ、涼しげな音色で参拝者を迎えている。  暑い夏に参拝する人たちに涼を感じてもらおうと、林貞文(ただふみ)禰宜(ねぎ)が参道脇と手水舎付近に計117個を取り付けた。参道には約25メートルの間に南部鉄器や江戸風鈴、アニメのキャラクターなど多彩な風鈴が並び、それぞれの心地よい音を楽しめる。  風鈴は元々邪気払いなどに使われたとされ、林禰宜は「風鈴の音で身も心も清めて参拝してもらえれば」と話した。8月末まで飾る。

【関連記事】