Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<片寄涼太&橋本環奈>“鼻かじキス”振り返る「汚くならなくてよかった」 「0キス」撮影秘話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(2019年公開、新城毅彦監督)のブルーレイディスク(BD)&DVDが、6月17日に発売される。スペシャルエディションの特典映像となるビジュアルコメンタリー収録が行われ、片寄さんと橋本さんが、話題を集めた“鼻かじキス”シーンなどの撮影秘話を語った。 【写真特集】“鼻かじキス”について語る片寄涼太&橋本環奈 胸キュンシーンも一挙公開

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作で、国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。2019年12月6日の公開以来、動員数は99万人を突破、興行収入12億円を見込むヒットを記録している。

 今回、ビジュアルコメンタリー収録に初めて臨むという片寄さんに、橋本さんが「注意しなきゃいけないのは、見ちゃうこと。黙っちゃうの」とアドバイスしながら収録はスタート。橋本さんは試写以来、久しぶりに本作を見たという一方、片寄さんは公開1カ月後に劇場に足を運んで鑑賞したと明かし、「すてきな映画だと思いました」と笑顔で話した。

 話題を集めた“鼻かじキス”シーンについて、橋本さんは「絶妙ですよ」と片寄さんの“鼻かじっぷり”を絶賛。片寄さんは、「キレイ(なシーン)だよね。汚くならなくてよかった」と胸をなでおろし、「キスの予約って鼻でできるんだね」と続けると、橋本さんは「普通はできないです」とおどけながら、名場面の撮影を振り返った。

 スターでありながら、実はお尻が大好きな“お尻星人”の楓に日奈々がパンツを目撃されてしまうという場面では、橋本さんが「(スカートの下に)何を着るか、すごく相談した」と告白。「原作では柄の入ったパンツだったんですよ」と、あえて原作と変化をつけた衣装で臨んだことを明かした。

【関連記事】