Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風が季節外れの強い寒気を呼び込んだ――、1989年10月8日の立山中高年大量遭難事故

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

山岳防災気象予報士の大矢です。9月に入ると山では麓よりも早く秋へと移り始め、時として冬山の様相を見せ始めます。9月の積雪は北海道の山ではごく普通にありますし、北アルプスでも珍しいことではありません。この時期は春山と同様に麓と山との天候のギャップが大きいため、麓の天気によって判断してしまうことによる遭難事故が多くなる時期でもあります。 今回は、2009年7月のトムラウシ遭難事故と同様の大量遭難事故であり、中高年登山のあり方と低体温症の恐ろしさについて世の中に警鐘を鳴らした1989年の立山中高年大量遭難事故について解説したいと思います。

1989年10月8日に発生した立山中高年大量遭難事故の概要

まずは、この遭難事故の概要について確認してみましょう。 -------------------------------------------------- 1989年10月8日に、京都や滋賀の税理士を中心とした10人のパーティーが、室堂から一ノ越に登って、立山(大汝山)、真砂岳、剱岳を往復、そして室堂に下山という計画で入山した。 室堂を8時45分頃に出発してから天気が悪化し始めて、一ノ越山荘に着いた頃には吹雪になっていた。さらに吹雪が強まる中を進むが、体調を崩すメンバーも出始めて、雄山に着くまでには標準コースタイムの倍近い時間が掛かっていた。 ここで撤退の判断を下すべきだったが、そのまま登山を続行し、真砂岳の南にある大走り分岐付近で低体温症が悪化して行動不能になったメンバーが出たことにより、ようやく救助要請を出すことに決定。しかし、時すでに遅く、8人が低体温症で亡くなるという最悪の事態となった。 -------------------------------------------------- この遭難事故の詳細は、「ドキュメント気象遭難」(著者:羽根田治、ヤマケイ文庫)に掲載されていますので、興味がある方はぜひお読みください。 この本では、この立山遭難事故は「秋・太平洋沿岸低気圧 立山-凍死」と表題がついていますが、実際には日本の東を離れて通過した台風25号が、季節外れの強い寒気を呼び込んだことによる遭難事故です。 そして、様々なメディアで「冬型気圧配置による遭難事故」とこれまで解説されていますが、このコラム記事で以下に述べているように、実際には地上天気図では強い寒気が入るような典型的な冬型気圧配置にはなっていないことは先に記しておきます。

【関連記事】