Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三芳町長らが“富の川越いも”をPR

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ玉

三芳町に古くから伝わる伝統的な農法で育てられたさつまいも「富の川越いも」をPRしようと15日、林伊佐雄町長らが大野知事を訪問しました。 15日は、三芳町川越いも振興会の早川忠男会長や林町長が収穫したばかりの「富の川越いも」のうち強い甘みが特徴の品種、紅東を大野知事に届けました。 「富の川越いも」は、江戸時代から続く平地林の落ち葉を肥料として利用する「武蔵野の落ち葉堆肥農法」で栽培しています。 早川会長が「ことしは、長雨が続いてしまいましたが、他の地域のサツマイモより甘みが強いです」と紹介すると大野知事は「県の誇るべき名産の1つなので、コロナ禍が落ち着いたときはぜひPRしてください」と話しました。

テレ玉

【関連記事】