Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【F1試合結果&順位】開始6秒弾を決めた横浜が初の連勝!昨季王者・名古屋vs昨季2位の大分による天王山の結果は…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

 10月9日と11日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が5試合行われた。 ※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。 浦安の猛攻凌いだ横浜が逃げ切る  9日、横浜武道館で行われたY.S.C.C.横浜vsバルドラール浦安では、キックオフからわずか6秒後に、横浜がデザインされたプレーで先制する。しかし浦安に第1ピリオド2分で追いつかれ、スコアは早くも1-1。しかしその後、10分と12分に横浜が2点を追加し、3-1でハーフタイムへ。  第2ピリオド、浦安にパワープレーでの猛攻を仕掛けられるが失点を38分のオウンゴールのみで抑え、3-2で横浜が勝利。前節ボアルース長野にF1初勝利を飾った横浜が、この勝利で初の連勝をも収めた。  また、11日には昨シーズン2位のバサジィ大分のホームで、昨シーズン王者・名古屋オーシャンズとの一戦が行われた。試合の内容は、天王山らしく固い展開になった。互いに攻め続けながらも先制点が生まれたのは第1ピリオド16分。第2PKスポット付近で名古屋のペピータがボールをキープし、右サイドをあがってきた安藤良平へ展開。安藤がファーへシュート性のパスを出し、吉川智貴がそれを詰めてゴールが生まれる。  名古屋の1点リードで迎えた第2ピリオドは、21分40秒に吉川がこぼれ球を詰めて2点差に。しかし21分57秒には大分にゴールが生まれ再び1点差。その後も両者攻撃の手を緩めることはなかったが、スコアは動かず試合終了。名古屋が天王山を制し、開幕6連勝を飾った。 今週の結果は以下のとおり ■試合結果 Y.S.C.C.横浜 3-2 バルドラール浦安 ボアルース長野 2-5 ボルクバレット北九州 バサジィ大分 1-2 名古屋オーシャンズ エスポラーダ北海道 2-2 フウガドールすみだ 立川・府中アスレティックFC 2-1 湘南ベルマーレ ■順位表 ■次週試合日程 10月16日(金) フウガドールすみだ 19:30 シュライカー大阪 10月17日(土) 湘南ベルマーレ 15:00 ペスカドーラ町田 バルドラール浦安 17:00 ボアルース長野 10月18日(日) ボルクバレット北九州 12:00 エスポラーダ北海道 立川・府中アスレティックFC 14:00 バサジィ大分 名古屋オーシャンズ 16:00 Y.S.C.C.横浜 ※ABEMA 10月の放送予定こちら (記事提供:SAL)

【関連記事】