Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

春日部・176店参加の「ふじちゃんスタンプラリー」 コロナ禍のまちに活気を

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 春日部市内の商店や飲食店など176店が参加する「ふじちゃんスタンプラリー」が行われている。主催は春日部市商業協同組合。(春日部経済新聞) 【写真】表面には地図が載っている  同組合は、市内の加盟店で買い物をするとポイントが付与される「ふじちゃんカード」を発行している。組合のキャラクター「ふじちゃん」をデザインしたカードで、現在482店が加盟。100円(税抜き)で1ポイント付く仕組み。  スタンプ400個が印字されると満点となり、満点カード1枚で500円分の買い物ができるほか、「かすかべ湯元温泉」「ユナイテッド・シネマ春日部」「イオンシネマ春日部」で使え、満点カード10枚でディズニーパスポートと交換などができる。  同組合事務局長の 山崎武利さんは「普段はカード事業、商品券の発行事業などを行っているが、新型コロナウイルス感染症の拡大で、カードを利用するお客さまに還元するために行う、夏のビンゴ大会をはじめとした集客イベントが行えなくなった。併せてお客さまの足が多くの店から遠のいていることもあり、まちの活気付けとなれたらとスタンプラリーを企画した」と話す。  スタンプラリー用紙は参加店や春日部市商業協同組合で入手できる。参加店はスタンプラリーフラッグを店頭に掲出している。用紙にはガイドマップとスタンプラリー参加店の一覧を掲載。500円(税別)の買い物でスタンプ1個押印する。20店以上のスタンプ押印で、スタンプ押印20店、50店など、店数別の賞品を抽選で進呈する。「多くの方に賞品を差し上げたいので複数応募いただいても、1人1賞としている」と山崎さん。  「皆さんに多く利用していただきたい。このスタンプラリーで、行ったことがない店など、新しい店を発見していただくきっかけとなれたら」と期待を込める。  10月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】