Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤二朗「結婚」を決意した瞬間を振り返る「“一緒になるなら、この人”と決めていましたので」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

俳優の佐藤二朗がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「いい部屋ネット presents 佐藤二朗のいい部屋ジロー」。佐藤が「いい部屋ジロー」の“大家”、リスナーは“住人”となり、日ごろの悩みや疑問に答えます。7月11日(土)の放送では、大家・佐藤が住人から寄せられたメッセージに答えました。

◆8年の同棲生活を経て…

<住人からのメッセージ> 「僕には7年間、付き合っている彼女がいます。そろそろ結婚しようかと思います。二郎(※原文ママ)さんは、どんなときに奥さんと結婚しようと思いましたか? 結婚してよかったですか? どんなプロポーズをされましたか?」(35歳 男性) このメッセージに、佐藤は「質問にお答えする前にですね……二朗の“ろう”の字が違う!」とチクリ。そんな間違いも「ハッハッハッハッハ!」と笑い飛ばします。 佐藤は奥さんと交際を開始してから、8年の同棲生活を経て結婚したそうで「 風呂なしアパートに住んで、2人でバイトをしてなんとか生活していたんだけど、ある日、“あれ? たまたまだろうけど、この2ヵ月バイトをせずに役者の仕事で食えてるわ”って給料明細を見て思ったときがあって。あと、妻が次の誕生日で30歳になるときだったので、結婚しようと。僕は“一緒になるなら、この人”と決めていましたので」と振り返ります。 結婚を決心した佐藤は、「『実家に挨拶に行くか』と言いました。そのときの妻のね、なんて言うかな~うれし恥ずかしの顔が、本当にいまでも思い出せる!」と嬉しそうに語ります。そして、「土曜の昼間から、51歳のおっさんののろけ話を聴く気分は、みなさんどうだ!? ハッハッハッハッハ!」と高笑い。住人からの質問に、いつにも増して溺愛ぶりを披露する佐藤でした。 (TOKYO FM「いい部屋ネット presents 佐藤二朗のいい部屋ジロー」7月11日(土)放送より)

【関連記事】