Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヴィクトリア・ベッカムにまつわる衝撃的な5つのトリビア

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

4人の子供を持ち、デザイナーとしても成功を収めるヴィクトリア・ベッカム。世界中で旋風を巻き起こしたスパイス・ガールズからファッションデザイナーに華麗に転向し、キャリアはもちろん、プライベートも謳歌している。そんな彼女が4月17日で46歳に。そこで彼女の誕生日を祝うと共に、ヴィクトリアにまつわる意外と知られていないトリビアをお届け。 【写真】デヴィッド・ベッカム&ヴィクトリア・ベッカムの愛の軌跡

ロールスロイスで通学

子供の頃はなんと、父が毎日ロールスロイスで学校まで送り届けてくれていたというヴィクトリア。だが周りの子供たちから浮くのを恐れた彼女は、あえて離れたところで降ろしてもらい、歩いて通っていたそう。

オーディションでひときわ目立った?

スパイス・ガールズのオーディションでは、他の参加者がポップソングばかりを歌っていたところ、ヴィクトリアはミュージカル映画『キャバレー』でライザ・ミネリが歌う『Mein Herr』を披露。そのツウ好みなチョイスが好印象を残したのかも?

デヴィッドのどこに胸キュン?

今では世界で最も有名な夫婦と呼んでもおかしくないヴィクトリア&デヴィッド。初めてデヴィッドを知ったのは、スパイス・ガールズのマネージャーでよき友人でもあるサイモン・フラーに連れられ、デヴィッドが所属していたマンチェスター・ユナイテッドの試合を観戦した際。 そこで、試合後に他のチームメイトは友人たちとラウンジでお酒を飲みながら騒いでいるいっぽう、デヴィッドが家族と一緒に過ごしているのを見て、ときめいたのだとか。

スピリット・アニマル?

ヴィクトリアいわく、彼女のスピリット・アニマル(自分を最もよく表す動物)は「白鳥」だそう。どういう理由からなのか、詳しく聞いてみたいところ。

批評もきちんと受け取る派

自身の名を冠したファッションブランドを2008年からスタートさせたヴィクトリア。気にかけないかと思いきや、ショーに対する批評にはできる限り目を通しているらしく、「『何と言われようと気にしない』というデザイナーもいるけど、そんなのウソ。みんな絶対気にしてるはず」と語っている。

【関連記事】