Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島、覇権奪還のキーマンは誰だ?コーチ編 不安定な投手陣の立て直しを期待される、2人の新任コーチ

配信

REAL SPORTS

広島カープ、2020シーズン覇権奪還のキーマン。3回目の今回は選手を導く首脳陣編。復帰を含めて今季は4人のコーチが1軍に就任。なかでも変化を求められるバッテリー間を担当する、二人のコーチに注目してみたい。 (文=小林雄二)

3連覇中も防御率は下降線、昨季の与四球はワースト2位の成績

広島カープ、2020逆襲のキーマン、今回は首脳陣編。 佐々岡真司新体制となった今季、注目してみたいのは一新された1軍の投手&バッテリーコーチだ。このなかから、2014年引退後は地元で解説者を務め、今季新たに投手コーチとなった横山竜士コーチ、そして前任の植田幸弘コーチと入れ替わるかたちで1軍から昇格した倉義和コーチがキーマンになると考える。 まずは横山コーチが担当する投手陣の成績を見てみると、3連覇中を果たした2016年が防御率3.20(リーグトップ)、17年が同3.39、18年が同4.12で、ともにリーグ3位ながら数字そのものはガタ落ちしていることが見てとれる。2018年の与四球535(リーグワースト)も気になるところだ。佐々岡投手コーチ(当時)が2軍から1軍に配置転換となった昨年、防御率そのものは3.68(リーグ2位)と持ち直したものの、与四球はリーグワースト2位の513。四死球ではリーグワーストの561を記録している。 実はこの与四球については、緒方孝市前監督時代から“四球を減らすように”とのお達しが毎年毎年、新年のご挨拶のようにと唱えられたのだが、結果だけを見れば3連覇中は年々悪化。この間、制球に難のある福井優也(現・楽天)、岡田明丈、矢崎拓也らは“そのあたり”が改善されることなく、安定感を欠いた内容、成績が続いたままに今日に至っているのが現状だ。

「一番イヤなのは腕が振れなくなること」横山コーチの指摘

この与四球について、就任当初、地元新聞社が横山コーチに問うたところ、戻ってきた答えがこれだった。 「数は意識しない。(四球が出るのは)意図していない球が多いから。一番イヤなのは四球を恐れて腕が振れなくなること。球を置きにいくと勝負にならない。打たれるのが怖いという気持ちではなく、投手から仕掛けてほしい」。 「四球は仕方ない。(ただ)三振の数が少なかった。四球を減らすためにボールを置きにいく、コントロールを意識しすぎるのではなくて、ドンドン攻める気持ちを持って三振をとれる投球を狙ってほしい」とも。 つまりは、“考えて攻める投球を目指せ”ということ。 横山コーチに期待したくなるポイントはここにある。 昨季に限らず、連覇中から広島の投手陣、特に救援陣を見ていて気になっていたのが試合終盤でのアウトコース一辺倒の配球だ。一発で同点という場面であればあえてリスクを冒すことはない……というのはもちろんわかる。ただ、3~4点差のあるケースでもコースを重視するのが広島バッテリーなのだ。それが諸悪の根源というつもりはないのだが「コントロールを意識しすぎる」(横山コーチ)あまりに「腕を振れなくなり」(同コーチ)、大胆さを欠いたボールは威力も半減。加えてアウトコース偏重を完全に相手打者(チーム)に読まれて思いきり踏み込まれると、アウトコースのボールも“真ん中やや外寄り”の甘い球に生まれ変わって痛打を浴びる。そんなケースがあまりにも多いのだ。 あるいはコースを狙いすぎる窮屈な投球を続けた挙げ句に四球を与えて走者を溜めることで、わざわざ投げミスが許されない状況をつくりあげ、苦し紛れに投げ込んだインコースへの勝負球も日頃から投げ慣れていないためか力のない棒球となって“ガツン!”とレフトスタンドへ……というシーンはここ数年の、試合後半にゲームをひっくり返される典型的なパターンとなってしまっているのだ。 昨年の防御率改善も、セーブ、ホールド数ともにリーグワーストを記録した中継ぎ&救援陣の内情は、そんな攻め方・考え方とも無縁ではないはずだ。 横山コーチが「ドンドン攻める気持ちを持って」というのは、おそらく、このあたりの事情を踏まえてのことだろう。

【関連記事】