Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最近は「卓球ジャパン!」の鬼と呼ばれて【平野早矢香に聞く】(第1話/全5話)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

テレビの向こうから、柔らかな表情で的確な言葉を紡いで解説をする平野早矢香氏。現役時代を知らない世代からすると「なぜ、鬼?」と不思議に思うかもしれない。 【写真】卓球の魅力を語るロンドン五輪銀メダリスト・平野早矢香氏 ロンドン五輪銀メダリスト、全日本優勝5回。 現役時代は鬼気迫る表情でプレーし、その勝負強さも相まって、“卓球の鬼”と称された平野早矢香氏。 2016年に現役引退したかつての“鬼”は、優しい笑顔と気配りを見せつつ、その奥に現役時代と変わらぬ努力と芯の強さも感じさせながら、インタビューに答えてくれた。 「私なんて、メディアに映る人間じゃないって今も思ってます」。謙遜しながらも、一つずつ、質問に対して、丁寧に、誠実に答えていくその姿勢は、現役時代同様、向き合う人間の気持ちを熱くさせてくれた。全5回連載でお送りする。

一番言われる“「卓球ジャパン!」見てます”

――現在の生活はどうですか 平野早矢香(以下、平野):私はオンオフの切り替えがすごく下手だったので、引退してからの方がプライベートは楽しいです。気軽にいろんな友達とご飯いったりとか、リラックスする時間ができました。 仕事は忙しいですが、でも、いろんな場所に住んでる友達や、卓球仲間だったり、アスリートだったりと交流できています。楽しさだけでいうと、現役の頃よりすごく楽しいです。 ――仕事では「卓球ジャパン!」(BSテレ東にて毎週土曜夜10時放送)MCになって、番組開始から二年半ほど経ちます 平野:いろんな卓球の講習会や講演をさせてもらうんですけど、一番言われるのが「卓球ジャパン!」見てますっていう言葉なんです。 私自身も、自分がメディアに出ている意味は、自分がこれだけ好きだった卓球を一人でも多くの方に、より深く知ってもらって、その目線で今の選手を見てもらいたいっていう気持ちが強い。「卓球ジャパン!」への思い入れは、人一倍強いと思います。 ――スタジオで解説する姿も板についてきました 平野:私はそんなメディアに映る人じゃないって今でも思ってます(笑)。現役時代、愛ちゃんがいて、佳純ちゃんがいて、2人がああいう形で卓球界のアイドル的な存在だったから、一緒にいた私も、テレビで試合をオンエアしてもらったり、インタビューしてもらったりしたので。 今、卓球が人気になってきて、愛ちゃんはいま子育てしながら台湾と日本行き来したりしてるって状況なので、私がこういうお仕事させてもらってるって思ってます。 いまの私の役割は、卓球の人気が高まってるなかで、より分かりやすく、うまく伝えて、もっと卓球に関心を持ってもらう、違う見方をしてもらうこと。いままで見ていた卓球と、さらにもっと深い部分。でも深い部分も、掘り下げればいいってものじゃなくて、解説はまた全然違う部分を意識しなければならない。 だからこそ、解説で伝えられないところを掘り下げるのが「卓球ジャパン!」かなと私は思ってます。

【関連記事】

最終更新:
Rallys