Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
毎日新聞

 高松市で女児2人が乗用車内に長時間放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の竹内麻理亜容疑者(26)=同市川島東町=が「飲みに行くことを家族に注意され、預けられなくなった」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。  香川県警のこれまでの調べで、竹内容疑者は事件以前にも複数回、2人を車に放置して明け方まで飲んだと供述。2人を自宅で寝かしつけたり、実家に預けたりして夜に外出していたが、家族に注意されて難しくなったという趣旨の説明をしており、事件当日については「明け方までなら大丈夫だと思った」と話しているという。  また、捜査関係者によると、車の窓にサンシェードを付けて外から2人の姿が見えないようにしていたことも分かった。県警は車内からサンシェードを押収しており、竹内容疑者は「外から子供の姿が見えないように付けた」と話し、人に見られないように駐車場の奥の区画に止めたと説明しているという。  竹内容疑者は2日夜に市内の実家から駐車場に行き、車内に2人を残したまま飲食店3軒で飲酒。3軒目で知人男性と合流し、3日昼ごろまでこの男性宅にいたとみられる。その後、駐車場に1人で戻り、路上に車を移動し、午後0時40分ごろ119番。搬送先の病院で女児2人の死亡が確認された。熱中症とみられる。【喜田奈那、川原聖史】

【関連記事】