Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

STU48、コロナ禍で来春をめどに船上劇場の使用を終了…グループ活動は継続

配信

スポーツ報知

 AKBグループで瀬戸内7県を拠点にするSTU48が9日、来春をめどに船上劇場「STU48号」の使用を終了することを公式サイトで発表した。グループの活動は継続する。  公式サイトでは「残念ながら来春をめどに『STU48号』は、その役わりを終えさせていただく予定です」と報告。今後は海に育てられたSTU48として、船上や港などで活動する形を模索する。  STUでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月19日以降、船上公演ができていない状態。関係者によると「船上だとどうしても3密になりやすい」との理由もあり決定したという。  STU48号は全長77・8メートル、幅12・5メートルのフェリーを造船所で“リメイク”して誕生。昨年4月16日に就航した。キャプテンの今村美月(20)は「今もまだ自分たちの専用劇場がなくなるという実感が湧きません。悔しい気持ちでいっぱいです。早くこの状況が落ち着き、皆さまと以前のようにお会いできることを楽しみにしています」とコメントした。

報知新聞社

【関連記事】