Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リベラルも中国批判!山尾志桜里議員の意外な挑戦

配信

JBpress

 (安田 峰俊:ルポライター)  衆議院議員・山尾志桜里の名前から、あなたは何を連想するだろうか。東大法学部から検察官を経て、2009年の衆院選で民主党から立候補して初当選し、現在で3期目。法曹出身者ならではのシャープな憲法観を持ち、かつては民進党の幹事長候補にも名が挙がった期待の若手女性代議士・・・であるいっぽう、週刊誌で報じられたスキャンダル疑惑によって悪い意味で世間に名を知られてしまった、不運な人でもある。 【写真】渋谷から表参道に向けて歩く香港デモ隊。黒シャツ姿の在日香港人の若者に混じって、年配の保守層の日本人の姿も目立つ  だが、そんな山尾が現在、意外な分野で精彩を放っている。それは香港問題だ。  昨年(2019年)以来、反政府デモが続いてきた香港では、今年6月30日夜に抗議活動を大幅に制限する国家安全維持法(国安法)が施行された。そこで7月12日、都内では在日香港人らによる抗議デモがおこなわれたのだが、なんと出発前の集会では山尾からの応援メッセージが読み上げられた。また、山尾が呼びかけ人の一人になる形で、香港問題に対処する議連の結成準備が進められ、7月29日に設立総会が開かれる。  これまで日本では、リベラル陣営は中国の人権問題に対してほぼ無関心を貫く例が多かった。そうしたなかで、今回の彼女の動きはかなり異色に見える。真意を聞いた。 ■ 中国批判ができない自民党  ──先日、代々木でおこなわれた「ウイグル×香港 連帯デモ」を取材した際、自民党の長尾敬議員の他に山尾さんが応援メッセージを寄せておられて驚いたんですよ。

 ウイグル問題は伝統的に、保守派の・・・というか、最右派勢力の『頑張れ日本!  全国行動委員会』なんかのナワバリです。共催した香港側の主催団体も、日本に複数ある香港デモ支援組織のなかでは右寄りにみられやすい「Stand with HK@JPN」でした。まさか、ゴリゴリの保守派陣営に転向されたわけではないですよね?   山尾 いえいえ、もちろん違いますよ(笑)。  ──それでは、香港問題に関心を持たれたのはどういう理由なんですか?   山尾 昨年秋以降のデモ隊に対する香港警察の暴力のエスカレートを見てからですね。特にデモ隊の若者に対して、警察官が至近距離から実弾を発砲した動画には衝撃を受けました。日本と同じように、自由と民主主義と法の支配が存在すると思われた香港で、公衆の面前でああいうことが起きるのは衝撃的だったんです。  私は法曹出身者なので、人権と法の支配については関心が深いこともありますし・・・。自分の本業である日本の国会議員の立場から、できることはなんだろうと思ったんです。そこで、所属していた法務委員会で森まさこ法務大臣に「この動画を見ましたか」と質問をおこない、香港問題に対してどう対処していくかも質問した。そうしましたら、複数の若手の自民党議員からも共産党の議員からも共感の声をいただいて。  ──国民民主党の山尾さんの質問に、自民党の若手と共産党から援護射撃が出たわけですか。これは面白いですね。  山尾 そうなんです。与党は本来、保守派の立場から香港問題にモノを言えるはずなんですが、自民党内の(親中派とされる二階幹事長などへの)忖度があって声を上げられない。いっぽうで、野党にしても本来はリベラリストとして声をあげるべき問題であるはずなのに、中国への遠慮があるのか、やはり沈黙している。  与野党ともに、本来は声を上げるべき理由があるのに、香港問題については政党や支援団体のしがらみで物を言えない状況があるわけです。

【関連記事】

最終更新:
JBpress